FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

土曜ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』第1話

内容
始業式において、寺尾校長(いとうせいこう)は、2年3組の担任を呼び入れる。
生徒たちの前に現れたのは、原田のぶお(古田新太)
。。。女装。。。。だった。
騒然とする生徒。。。そして先生達。
生徒のひとりから“ヤバいおじさん”と声が上がった瞬間。
原田は告げる。
「私はね。ヤバいおじさんよりヤバい、かなりヤバいおじさんなんだよ。
 大声で下品な言葉を叫んでるだけのヤツとは、ランクが違うんだよ!
 恋してやろうか?この野郎。」

その後、クラスでホームルームを行う原田は、
生徒たちの挑発にも、我関せず。。。。

敬称略


脚本は、加藤拓也さん

演出は、狩山俊輔さん



一応、学園ドラマ。。。。らしい。。。。

やろうとしていることは、理解する。

印象としては、“ベタ”に近いモノはあると思います。

内容自体は、それほど悪くは無いです。

好みはあるだろうけど。


ただね。。

期待したい。。。ところだが。。。。“大人の事情”が邪魔しなければ良いけど。



連続テレビ小説『なつぞら』第18回


内容
やって来た乳業メーカーへの対応を巡って、
剛男(藤木直人)富士子(松嶋菜々子)と泰樹(草刈正雄)が対立してしまう。
なつ(広瀬すず)は、富士子から、
剛男との出会いや、泰樹との関係、今まであった出来事を知らされる。

敬称略



今回の話は、いったい。。。。。!?

そらね。

普通に考えれば、“日常会話”だろうし。

物語の補足なんだろうけど。


なにを、どう捉えて良いかが、よく分からないです。

強引に演劇を混ぜているのが、理解不能だしね(苦笑)

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ(3)』第1話



内容
再開された結頼子(余貴美子)の“むすび家政婦紹介所”へと
帰ってきた三田園薫(松岡昌宏)は、
新人家政婦の村田光(伊野尾慧)恩田萌(川栄李奈)とともに
丼専門店で成功した丹波幸之助(大和田伸也)のもとへ、派遣される。
個人資産800億を巡って、命を狙われているようで。。。。

敬称略



脚本は、八津弘幸さん

演出は、片山修さん



今回は、“相棒”を2人にしたことがポイントだろうね。

途中から、ほぼ1人だけど(苦笑)。。。そこは、良いだろう。

単純に人数を増やしたことで、展開、演出も違ってくるだろうし。

実際、今回。。。雰囲気が、かなり違う。

まあ。話自体に捻りがあって、面白くても。

やはり、マンネリに見えていた部分があったので、

これはこれで、良い選択だろうけどね。


分かっているのは、エピソード次第。。。ってことかな。


金曜ドラマ『インハンド』第2話


内容
ひょんなことから紐倉(山下智久)の助手となった高家(濱田岳)は、
紐倉の寄生虫研究に翻弄されてばかりいた。

そんななか、巴(菜々緒)から対策室のアドバイザーになって欲しいと
頼まれた紐倉は。。。それを拒否。金にも困っていないと。

が、ある病院から意識不明の女性・金井明莉の調査依頼メールが舞い込み、
紐倉は、なぜか快諾し、高家を驚かせる。
早速、血液を調べると“ハートランドウイルス”と判明。
妙な笑みを浮かべる紐倉に、高家は紐倉の思惑を理解する。
日本未発見のウイルスに興味を持っただけのようだった。

その後、女性の自宅を訪ねると、息子・渉(込江大牙)が出てくる。
外国に行ったことなど、心当たりもないと。

そんななか、新たな感染者が発生。
事態を知った巴は、紐倉のもとにやって来る。協力を申し入れるのだった。
そして、金井明莉が死亡。だがダニに噛まれた痕跡が無く、感染源が不明。
他の感染者も痕跡が見つからず。人から人への感染と推理する紐倉。

やがて、対策室の調査により、全ての感染者が相原光一の関係者と判明。
そして相原は、渉の父だった。
が、すでに自宅で死亡。紐倉はスーパースプレッダーが相原では無く。。。

敬称略





脚本は、吉田康弘さん

演出は、平野俊一さん




基本的に、話も面白いし。

キャラも立っているし。役割分担も明確。

そのうえ、登場人物のやりとりも、

その特徴を活かしたやりとりにしていて、

主人公の凄さとその変態性も、面白味に昇華している。


かなり完成度が高いドラマに仕上がっています。

ただ、描いている情報が多すぎて、

展開も早いモノだから、微妙に雑な部分があるのは気になるが。

まあ。。。ある程度は仕方ないかな。

一部に本編に関係ない演出が混ざっているしね。

と言っても、

普通なら気にならない程度だしね。

ドラマの完成度の高さが、その違和感を凌駕している。


そして注目すべきは、脚本、演出だけでなく。

俳優。。。キャスティングが、絶妙ってことだろうね。

連続テレビ小説『なつぞら』第17回



内容
突然、倉田先生(柄本佑)から演劇をやれと言われたなつ(広瀬すず)
泰樹(草刈正雄)のためになるらしいが。。。。

翌日、倉田とともに農協を訪れたなつは、
剛男(藤木直人)と上司の田辺(宇梶剛士)から農協のことを知ることに。

敬称略



“未来”に繋がるのも分かるが。

倉田先生。。。。ほぼ無意味だね(苦笑)