fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『ブギウギ』第107回

第23週「マミーのマミーや」
内容
昭和25年6月。
柴本(三浦りょう太)がマネージャーになって2ヶ月経っていた。

そんなある日、羽鳥善一(草彅剛)からアメリカ公演を提案されるスズ子(趣里)
挑戦したい気持ちがある一方で、愛子(小野美音)を連れて行くことが出来ず。
4ヶ月の公演に同行出来るのはマネージャーだけだとわかり、悩み始める。

愛子には分からないよう、大野(木野花)と相談していたスズ子だが、
柴本が伝えてしまい。。。。

敬称略


作、足立紳さん

演出、二見大輔さん



あくまでも、個人的印象であるが。

先日までの柴本の描写を考えていると。

正直。

大野に愛子を任せる不安よりも、あんな柴本と4ヶ月のほうが、

よっぽど心配なシチュエーションだと思うのだが??

そもそも、マネージャーになって2ヶ月だけど。

あんな体たらくの状態からの先週末までで数週間経過してるよね?

だったら、柴本が心を入れ替えて、ひと月ほどじゃ?

だからね。

こういう展開をプロットの時に決めていたならば、

あんな柴本の描写なんて、不必要な描写だったってコトである。

今回の序盤の柴本の描写を見ていても、愛子に伝えてしまうことも含めて、

どう考えても、不安しか無いよね??柴本って。

愛子のことと、日本語が通じない場所ということで、悩むならまだ分かるが。

愛子の心配しかしてないし。ま、分かるけどね。

愛助の写真も混ざっていたし。悪くは無い描写、展開だけど。

どうしても、柴本で引っかかってしまった。


実際、

“娘と歌”だけなら、日本にいても、同じだと思うのだが???


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202403040000/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第107回・2024/3/4) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、YouTube 第107回/第23週『マミーのマミーや』の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まないほうが良いです。 タケシ(三浦りょう太)...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2024年03月04日(Mon) 11:36