fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『ブギウギ』第53回


内容
神戸での公演を終えたスズ子(趣里)は、実家の“はな湯”を訪れる。
懐かしい面々に出迎えられ、昔話に花を咲かせる。
だが、やはり変わったことも多く。。。。

その後、USKを訪れたスズ子は、
和希(片山友希)リリー(清水くるみ)秋山(伊原六花)林部長(橋本じゅん)
と久々の再会を喜ぶ。

そして東京に戻ると。。。。愛助(水上恒司)からの手紙が届いていた。

敬称略


作、足立紳さん


アホのおっちゃんとアサさんが。。。。熱々先生まで。。。

それに、ゴンベエさんに。。。。全てが衝撃的。

一方で、USKは面々の懐かしさだけで無く、林部長を絡めて楽しさまで。

最後の最後は。。。ストーカーオチ(笑)

登場人物が多いだけでなく。魅力的な登場人物が多い今作。

それぞれの“その後”も気になるのは当然だ。

そこに“らしさ”を加えて、良い雰囲気の状況説明だったと思います。

これ以上でもこれ以下でもダメな適切な描写でした。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202312130000/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第53回・2023/12/13) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、YouTube 第53回/第11週『ワテより十も下や』の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まないほうが良いです。 神戸での公演を終えたスズ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年12月13日(Wed) 12:38