fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『ブギウギ』第37回


内容
六郎(黒崎煌代)に赤紙が届き、出征の日が近づく。
頭を丸め恥ずかしそうな六郎にツヤ(水川あさみ)は笑顔を見せる。

体調不良のツヤが、専門の医師に診てもらったところ。。。。

ツヤは、梅吉(柳葉敏郎)に、スズ子(趣里)六郎には伝えないでと。
出征が明日ではしゃぐ六郎に梅吉が。。。。

敬称略


作、足立紳さん



どう見ても、そういう方向にダブルで進んでいるのだが。

やはりシリアスに。

ツヤと六郎の会話なんて。。。。。。。


六郎の明るさや、アホのおっちゃんとゴンベエのやりとりが、

わずかな救いである。

ま、易者の。。。。なんだけどね。


まだ“時代”が始まったばかりだけど。

“らしさ”をギリギリ残しながら、“時代”を描いている感じだ。


ってか、ラスト!!(笑)


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202311210000/


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック