fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『下剋上球児』第6話


内容
南雲(鈴木亮平)が学校を去って1年。
担当弁護士の榊原(伊勢志摩)蓮見(向里祐香)から、
不起訴になったと報告を受ける南雲。そして野球部員たちの嘆願書が手渡される。
丹羽校長(小泉孝太郎)も協力してくれたという。

一方で、後任監督が去った野球部に影響力を持つ犬塚(小日向文世)に、
山住(黒木華)は、自身の新監督への就任を申し出ていた。

そんななか、山住に関して、妙な噂が。。。。

敬称略


脚本、奥寺佐渡子さん

演出、塚原あゆ子さん




アバン、そこからなんですか!!!

意味不明だ。

で、曖昧にして解決。

ドラマだから、曖昧でも良いけど。

前回の描写が、あんな感じだったのに。

そこからの“続き”を描かないって言うのは、“連ドラ”としてどうなの?

例えば、根室。

南雲のところに、泊まるようになったんだよね?

そこから、話を広げれば良いのに。広げたのは開始14分後だ。

それもキャッチボール。

ってか。前回の描写があるんだし。

今回でも部員が南雲を慕っているようなセリフなどを盛り込んだんだから。

根室どころか、みんなで、南雲を頼っても良いんだよね。

練習だって、グラウンドじゃ無くても、いろいろな手段があるだろうし。

なのに、今作は、しない。

これでは、署名も意味ないし、慕うセリフも意味が無い。

それどころか、前回の描写だって、意味が無くなってしまう。

じゃなくても。

野球部に無関係な描写や不必要な描写ばかりで、

“ドラマ”として成立しているようで、成立していないというのに。


ほんと、何を描きたいのかな?


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202311190002/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下剋上球児 第6話

ついに南雲(鈴木亮平)の事件が検察に送致されることになりました。 野球部員たちが先頭に立って、南雲の嘆願書の署名を集めていました。 そのおかげで・・・ そんな中、南雲と青空(番家天嵩)は、東京の美香(井川遥)の仕事場を訪ねます。 久々の再会を喜ぶ南雲家でしたが、そこには美香の元夫・晴哉(大倉孝二)の姿もありました。 一方、越山l高校野球部では、南雲の後任監督が新人を一人もスカウトで...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2023年11月20日(Mon) 12:35


下剋上球児 (第6話・2023/11/19) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『下剋上球児』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、TikTok 第6話『先生と仲間のために悲願の初勝利を…!』の感想。 野球部員の発案で寛大な処分を求める署名活動が行われ、嘆願書が提出される中、南雲(鈴木亮平)の事件の処分が決定した。南雲は丹羽(小泉孝太郎)や犬塚(小日向文世)に謝罪をしようとするが相手にされず、就職...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年11月20日(Mon) 09:35