fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『ブギウギ』第19回

内容
USKが新しい代になったころ、羽鳥善一(草彅剛)は東京へ向かっていた。

桃色争議から1年。ツヤ(水川あさみ)に実家の香川から手紙が届く。
スズ子(趣里)に法事に来て欲しいと書かれてあり戸惑うツヤ、梅吉(柳葉敏郎)

その一方で六郎(黒崎煌代)が。。。。。

敬称略


作、足立紳さん



“カッパの子、クジラの子”

いずれ。。。と思っていたが。

ここかぁ。。。。。。

アホのおっちゃんだけでなく、易者のおっちゃんまで、

登場させずに絡めてくるのは見事。

その流れで。

“お父ちゃんがアホって言うても六郎ほどやない”

完全に流れ弾である。

良い感じでシリアスな物語に、コミカルな要素を混ぜ込んでいて、

今作らしいエピソードに仕上がっている。

あとは、“義理と人情”ですね。

なんらかの結末になるのだろう。


ちょっと、モノローグが多いのは、気になるが。

徐々に安定してきた感じだね。

主要な人物の描写が丁寧なだけで無く。脇役の描写も丁寧だし。

今のところ、隙が無い。



本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202310260000/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第19回・2023/10/26) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、YouTube 第19回/第4週『ワテ、香川に行くで』の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 USKが新しい代に変わった...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年10月26日(Thu) 11:47