fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『ブギウギ』土曜版第3週




“だよなぁ。。。。”

“こうなるよなぁ。。。。”

ってのが、今回の感想ですね。


そもそも、今作は“スズ子の物語”であるから。

そのダイジェストなんだから、主人公の部分が集められて構成されるハズ。

これは、前作《らんまん》も同じだった。

“本編”で、印象が薄くても、ダイジェストだと主人公大集合なので、

主人公のドラマに見えるのである。


今回の“土曜版”も、まさに、そんな感じ。

“本編”は、どう見ても“大和礼子と橘アオイの物語”で。

かなり好意的に見れば、印象は薄い主人公の物語だった。

だが、やはり、上手く集めて、編集して、ナレーションで補足。

しっかりと“主人公の物語”になっている。


結局のところ、主人公の“動”と“静”の描写を考えると。

“本編”は、見つめる、考えるなど“静”が多かった。

“土曜版”は、主張する、行動するなど“動”が多かった。

そういうコトなんだろう。

実際、“本編”は、大和礼子と橘アオイの“動”が多すぎて、

主人公が薄まっていたからね。


ただ、難しいのは、

状況説明には、大和礼子と橘アオイが必要だということなのだ。

特に、今週の2つのネタ。大和礼子演出からの和希騒動と桃色争議。

ネタの中心にいた大和礼子が目立ちまくりだったからね。

どうしても、主人公の影が薄くなるのは仕方なかっただろう。

ま。。。活躍?は、してるんだけどね(笑)


それくらい、ネタを考えると、難しい選択を迫られた1週間だった。

そういうことだろうね。

ネタを削除すれば、ここまでにならなかっただろうが。

モチーフ、モデルがいるというだけでなく。

今の時代を考えると、削除するのも、どうかと思うし。

結果的に、こういうコトになってしまったのかもしれません。

多少は“大人の事情”は、あっただろうけどね!



最後に、

今週の“本編”を見ていて、“これで良いのか?”という気持ちが強かったので。

“土曜版”を見て、先週までとの一体感を感じたこともあり。

なんだか、納得してしまった。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202310210000/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第3週/土曜日版・2023/10/21) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、YouTube 第3週『桃色争議や!』の「土曜日版」の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 昭和8年、18歳になった...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年10月21日(Sat) 11:32