fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『らんまん』第130回(最終回)

内容
竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)が、完成させた酒を手に、
万太郎(神木隆之介)寿恵子(浜辺美波)たちのもとを訪れる。

敬称略


作、長田育恵さん

演出、渡邊良雄さん



やっと、最終回である。

先週、今週が、

今作の中で、“最も時間を長く感じた15分の連続”

だったような気がする。

いや、それどころか。

この時間の感覚は、それこそ。。。。

名前は書かないけど、不快、不満な作品と同じくらいの印象。

まぁ、

話がイマイチなのに、延々とエピローグを描いているからだろうね。

だって、興味を持っていない“ネタ”の“結末”って、必要?

たとえ、それが主人公のエピソードであっても、同じ。

そういうこと。

ってか、

ほぼ描いていないのに、エピローグも何も無いだろうに。

もう、それ、新しいネタを描いているのと同じ。


例えば、今回だって。

竹雄と綾のことを、描いたつもりになっているのだろうけど。

じゃあ?って、感じなかっただろうか?

前回、前々回で藤丸が登場したのに、

もっともっと、言及があっても良かったのでは?って。

間接的に、藤丸だけで無く。波多野、野宮が知っていて、

そこから、話を聞いている場面があっても良かったくらい。

そうすれば、人は繋がり、話が繋がるのである。

かなりの初期から書いていることだが。

今作は。。。こういうところ。

中盤以降だけで無く。序盤から描写されることが、ほぼ無く。

これが、

いろいろなネタを盛り込みながらも、

一体感の無い散漫な物語に拍車をかけてしまっているのは、言うまでも無い。

ネタをキッチリと組み上げられているエピソードも、

序盤では、結構、あったんだけどね。

そこでも、言葉1つで、もっと違った印象になったと思います。



にしても。ラストあたりの“回想”って。

出会いと、そのあとは、かなり、飛び飛びだよね(笑)

劇中の時間では、数年単位。今作“本編”でも。。。。。

この“回想”だけでも、

今作が、本来描くべきだった“万太郎と寿恵子”を、

中途半端にしか描いていなかったことが分かります。


もっと、脱線をせずに、普通のことを普通に描くだけで、

もっともっと感動的に見えただろうに。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202309290000/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人生は冒険だ>『らんまん』最終週

​​​​​​正直なところ、このドラマには 好感を抱いてはいたもののハマっているとは言い難かった。 それは私の視聴態度に大いに問題がある。 見逃したことも何話かあるし 最近はNHK+で週末にまとめてザックリ視聴だし… まあ、ながら見っちゅーヤツっすね(笑) それでも、、最終週となったら 何だか妙な喪失感… 自分でも気づかないうちにハマっていたのか? 何だか不思議な感覚。 …ひじゅにで...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2023年10月01日(Sun) 22:15


連続テレビ小説「らんまん」 (第130回/最終回・2023/9/29) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』 公式リンク:Website、NHK高知局応援ページ、東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報、X(旧Twitter)、Instagram 第130回/最終回/第26週/最終週『スエコザサ』の感想。。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年09月29日(Fri) 11:45