fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

シッコウ!!~犬と私と執行官~ 第9話(最終回)


内容
執行官になりたいと考えたひかり(伊藤沙莉)だったが、
間々田(菅原大吉)日野(勝村政信)渋川(渡辺いっけい)から、
かなり難しいと説明されてしまう。栗橋(中島健人)からも
小原(織田裕二)も、厳しい仕事だと注意されるも、
ひかりは、“執行官になって、もっと人間を知りたい”と打ち明ける。

そんななか、小原は、難しい案件を執行することに。
債権者は、興津凪咲(佐津川愛美)
夫・大輔(福士誠治)が、娘・碧唯(小野井奈々)を連れて、家を出た案件。
現在は、義母・弥枝(かとうかず子)のもとにいるという。
債権者代理人、串木田克子(堀内敬子)から、
同席を頼まれ、小原との話し合いに、ひかりも同席することに。
家裁では、娘を連れ戻す許可は出たらしいが。。。。

敬称略


脚本、大森美香さん

演出、田村直己さん


かなり強引ではあるが。

今まで以上に、主人公が前に出ているのが、良いですね。

まぁ、

今までは、“執行官”の仕事を説明することもあって、

どうしても、小原が前に出すぎていたのだ。

そのため、小原の印象が強く残ってしまい、

誰が主人公かが、分からなくなってしまっていた。

だが、今回は。

今まで、執行官の仕事をシッカリ描いてきたためか、

小原を一歩下がらせた状態で、“執行”を描き。

同時に、序盤で主人公の気持ちを描いたことで、

補助者ではあるが、主人公が、一気に前に出たエピソードに仕上がった。

“連ドラ”として、全体の構成を考えた末、

こういう状態になった可能性が高いだろうし。

視聴者的にも、“執行官”のお仕事を知ってもらうには、

この構成しか有り得なかったかも知れません。

やはり、知らなければ、視聴者に伝わりませんので。

“連ドラ”としてみれば、かなり秀逸な仕上がりの“連ドラ”だったと思います。

ただ。。。。やはり、馴染みの無さが、足を引っ張ったのは、

仕方ないコトだろうね。

今作の感想で、何度か書いてきたが。

こういうテーマのドラマは、

勧善懲悪モノのように見せながらも、社会派ドラマであるのも確かなので。

視聴者に、馴染みが生まれるまで、今後も挑戦してほしいものだ。

繰り返していけば、意外と。。。馴染んでくるかもしれませんしね。

実際、“2サス”系統のドラマって、

思った以上に、馴染みの無い設定の作品が多いけど。

繰り返しているうちに、馴染んできて。

いつのまにか、長寿作品に。。。なんていうのも、よくあることだし。

今作だって、今後の“やり方”次第では。。。。と思います。

本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202309120001/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シッコウ!!~犬と私と執行官~ 最終話

ひかり(伊藤沙莉)は小原(織田裕二)たちの前で、いつか執行官になりたいと決意を明かしました。 しかし、執行官になるには、色々とハードルが高いようで・・・ 一方、小原の元に、子供の連れ去りという難しい案件が舞い込みます。 娘・碧唯(小野井奈々)と愛犬を連れ、黙って家を出た夫・大輔(福士誠治)に対し、妻・凪咲(佐津川愛美)は、子供の引き渡しを求める仮処分の申し立てをしていました。 家庭裁...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2023年09月13日(Wed) 14:59


シッコウ!!~犬と私と執行官~ (第9話/最終回・2023/9/12) 感想

テレビ朝日系・火曜9時枠の連続ドラマ『シッコウ!!~犬と私と執行官~』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、TicTok 第9話/最終回『子の連れ去り…涙の奪還作戦!』の感想。 「いつか執行官になりたい」と明かしたひかり(伊藤沙莉)だが、小原(織田裕二)から友人として勧められないと言われ、ショックを受ける。その小原は、5歳の娘・碧唯(小野井...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年09月13日(Wed) 08:54