fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ハヤブサ消防団 第7話


内容
真鍋(古川雄大)のひと言から、三馬太郎(中村倫也)は、
“消防団”に裏切り者がいることに気づく。

そんななか、最新作出版で、太郎のサイン会が東京で行われることになり、
ハヤブサ消防団の面々が駆けつけ、東京観光を行うことに。
そして食事をする中、ついに太郎が話を始める。。。。。

敬称略


脚本、香坂隆史さん

演出、山本大輔さん



一気に話が動いたね。

あとは、説得力のある“説明”が、丁寧になされるかどうか。

それだけですね。

本音を言えば。

なんだか、あんなドラマ、こんなドラマ。

あんな小説。。。。こんな。。。。と。

いろいろと頭に浮かんでくるが、そこは、もういいや。初回からだし。

そこそこ、面白みがあるので、OKでしょう。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202308310001/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤブサ消防団 第7話

太郎(中村倫也)の最新作の書籍化を記念し、サイン会が東京の書店で開催されることになり、それに合わせて勘介(満島真之介)、省吾(岡部たかし)、森野(梶原善)、郁夫(橋本じゅん)、賢作(生瀬勝久)たち消防団のメンバーも東京へ研修旅行にやって来ます。 久々の旅行、そして大都会におおはしゃぎする一同ですが、食事の席で勘介は自分たちが不在の間にハヤブサ地区で火事が起きないか心配だと不安を漏らします。...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2023年09月01日(Fri) 15:04


ハヤブサ消防団 (第7話・2023/8/31) 感想

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram、TicTok 第7話『最後の晩餐』の感想。 なお、原作の小説・池井戸潤「ハヤブサ消防団」は未読。 連続放火事件の思わぬ事実にたどり着いた太郎(中村倫也)は、サイン会の仕事で東京へ。それに乗じて賢作(生瀬勝久)や宮原(橋本じゅん)、勘介(満島真之介)、省吾(岡部たかし)、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年09月01日(Fri) 08:34