fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『らんまん』第101回


第21週「ノジギク」
内容
明治26年8月
大学を去った田邊(要潤)は、妻・聡子(中田青渚)や子供たちと、
穏やかな暮らしをしていた。

万太郎(神木隆之介)のもとを訪れた藤丸(前原瑞樹)は、大学の現状や。
就職の苦労を口にする。
万太郎もまた、“図譜”を十一集まで作り上げていたが、版元が見つからず。
苦しい生活を続けていた。

そんななか中尾(小倉久寛)のもとを、
大切にしていた八犬伝を手に訪れた寿恵子(浜辺美波)は。。。

敬称略


作、長田育恵さん

演出、津田温子さん




寿恵子“資料室で遊ばない。遊ばせない”

こういう描写は、良いですね。

寿恵子が子供たちの。。と言うのも分かるし。

長屋の現状が分かるだけで無く。

一番重要な。。。子供が“そこにいる”ことが分かるからだ。

先週までは、いてもいなくても、どっちでも良い状態だったし。

実際、子供が増えたところで。。。。。。


そのうえ、今回は、八犬伝の質入れ。

こういうのも、今までに無かったのが、不思議なくらいだ。


時間経過を行ったあとで、現状の説明を行うのが“連ドラ”の定番だが。

今回は、それを抜きで考えても、良い描写が多かったです。


ま。。。。内容らしい内容は、ほとんど無かったけどね。

本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202308210000/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「らんまん」 (第101回・2023/8/21) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』 公式リンク:Website、NHK高知局応援ページ、東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報、X(旧Twitter)、Instagram 第101回/第21週『ノジギク』の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良い...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年08月21日(Mon) 11:12