レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SP警視庁警備部警護課第四係 第11話(最終回)理不尽

内容
そして、事件は発生した
マルタイの壁となり山西に撃たれるSPたち。
しかし麻田を撃とうとしたとき弾切れ。
山西がSPの銃を奪っている隙に、
井上は、麻田総理を守りながら逃げはじめる。

一方、防弾チョッキで無事のSPたちは、
尾形の指示の元、山西を追い始めるのだった。





先ず書いておきますが、ほとんどほめてません。

ですから、あまりTBはオススメできませんm(__)m





4月にSPやるのは良いのだが、
『つづく』は、繋がりがあると言うことなのだろうか???

それとも単に、別の話と言うことか???

そんな事が気になったラストでしたが。



そのまえに、どうしてもひと言

真木よう子さんをつかった、ボインネタ!!

驚いたのは言うまでもないが、
明らかにドラマつぶしのような気がする。。。

『元通り』ってのは分かるのだが。
普通、こんなネタやるか??????
やってるのが女だからokとか言う問題でもないと思う



それから
CMを相も変わらず入れまくり、長時間やっちゃってるのは、
もう無視しています


おかげで、CM中に見直すことが出来ましたから!!!
いわゆる『追っかけ再生』ってヤツ。




そんな事が気になったが。
今回は、『ただ解決編をやった』という感じ
一応最後に、尾形の意味深な言葉や態度に反応する井上ってことで、

マサカの『尾形、とどめ疑惑』が発生しちゃいましたよ!!

西島の最期も、『そう言うこと』なのだろう。


まぁ、ドラマとしては、
逃げて解決しただけなので。
特に取り立てるほどでもない


アッサリした感じだ。



ざっと、セリフ書くと

山西『どけ!
   こいつは命を捨ててまで守る価値のないヤツなんだぞ
   どけ!
井上『コレがオレの仕事だ
山西『命を賭けてこんなクズを守るのがお前の仕事か
   おまえは、こいつがなにをしたか知ってるのか・
   こいつは、オレに人を殺させたんだぞ
(中略)
山西『言い直すよ
   こいつは人気とりのためにオレを利用して、
   ゴミみたいに捨てたんだ!
井上『ふざけんな、どんな理由があっても、ナイフを握ったのはお前だろ
山西『お前に俺の気持ちが分かってタマルか
井上『わかるさ
山西『どうしてナイフのことを知ってるんだ
   お前、あの時の子供か。。。。
   俺達は、おかしな力で結ばれているみたいだな
   どけ
   こいつを守る理由なんて、お前には何一つないだろ


まぁご覧のように、どうどう巡りですね。

守る価値のないヤツであっても『守る』それが『仕事』

それだけです。
面白いと言えば、面白い。

『そう言う理不尽な仕事』が存在する。

そう言うことだ。


でもね、、、それだけだ
ドラマとしてみた場合。
特にココで盛り上がっている感じでもない。
理由は簡単。
麻田が、ココで行動していないからだろう。
どうどう巡りと言うことは、会話にはあまり意味が無かったと言うことだ

今回、
回想を詳細に入れただけで

会話に意味が無く、あとは逃げただけ。
こうなってしまうと意味が無いので。。。。ってことなのだろう。

仕方ないから、最終的にどうしても『何らかのアピール』を入れた!
そんなところだろう。
山西『最後にお前に良いこと教えてやるよ
   久しぶりに出てきてビックリしたよ
   20年前と何も変わってなかった

まぁ、これも、『すげ替え』とか言う言葉を使いたかっただけで
ドラマとして、どうってコトのないことだし、
特に『そう言う仕事』をやっていたヤツが、
そこまでのことを言うと思えなから、
逆に不自然なのだ。


西島のこと、山西のこと、尾形のこと、
高島秘書のこと、そして、木内くん。

あれこれやっていただけの印象。

それだけ。


やはり、『感情』というモノが明確に表現されるのでない限り、
盛り上がりを感じるのは難しいものだ。

確かに、麻田であっても守る井上
山西の救命措置をする井上
尾形ににらみをきかせる井上
とやってはいる。
一応、井上の感情表現だろう


でも、これじゃ井上がカッコいいと思えないし
盛り上がっている感じでもない。

このアタリは、演出上の問題もあるだろう。


まぁ、
理不尽さだけを表現したいなら、
わざわざ前述のアピールなんて、必要ないし。
淡々とやればいい。

井上が撃たれたって良かったくらいだ。



どうも、最終回というのに、期待していたほどでもない。
淡々とやるなら、アピールなどせず淡々とやって欲しかったし。
そう言うことをやるから、不自然さが現れたしまった気がする。
ドラマ開始直後にあったような事件。
そんな感じの緊張感があったわけでもない。

終わらせただけ。

そんな感じ。


うーーーーんん。。4月に期待しましょうか。

って、逃げるしかないな。。。感想。

これはもう。
天才じゃなく、天災だな。。。。
見ていて、イライラして、胃が痛くなってしまった。。。。


これまでの感想

第10話 第9話 
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。