fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『VIVANT』第2話



内容
ご送金された140億を取り戻すためバルカ共和国へ向かった乃木(堺雅人)
だがテロ組織の一員と勘違いされ、現地警察に追われるハメに。
公安の野崎守(阿部寛)と医師の柚木薫(二階堂ふみ)と逃亡を始め、
なんとか、日本大使館へとたどり着く。

乃木から事情を聞いた野崎は、驚きを隠せなかった。
部下の水上(古屋呂敏)、上司の宇佐美(市川猿弥)、専務の長野(小日向文世)
原経理部長(橋本さとし)財務の太田(飯沼愛)、そしてGFLのアリ(山中崇)
6人が自分をはめた可能性があるという語る乃木。

その後、西岡英子大使(檀れい)の協力で、逃亡が出来ることになるが。。。

敬称略


脚本、八津弘幸さん、宮本勇人さん

演出、宮崎陽平さん、加藤亜季子さん

原作、演出、福澤克雄さん





事件の解決などを、全く行おうとしていないため。

話を動かしている野崎が主人公の状態になっているね。

ずっと、喋り続けているし(笑)

それどころか、事件のことを取り上げなければ、

野崎だって逃亡しているわけだから。

野崎だけが主人公でも成立するのだ。

医師絡みの案件でも、

それが、乃木の事件と繋がりが無ければ、どうでも良いネタだし。



これ、思うんだけど。

前回のラストと、今回の終盤40分過ぎを直結で良かったのでは?


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202307230002/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

VIVANT 第2話

警視庁公安部の刑事・野崎(阿部寛)の助けでバルカ警察の追跡を逃れ、無事日本大使館へと辿り着いた乃木(堺雅人)と薫(二階堂ふみ)ですが、いつまでもここに留まっているわけにもいかず・・・ 130億円を取り返すために動き出したい乃木ですが、野崎から丸菱商事で今回の誤送金に関わっている人物を聞かれます。 宇佐美(市川猿弥)、長野(小日向文世)、原(橋本さとし)、山本(迫田孝也)、太田(飯沼愛)、...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2023年07月24日(Mon) 10:18


VIVANT (第2話/25分拡大・2023/7/23) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『VIVANT』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第2話/25分拡大『裏切りと別れ…明かされるヴィヴァンの意味』の感想。 乃木(堺雅人)と薫(二階堂ふみ)は、公安の刑事・野崎(阿部寛)の助けで現地警察の追跡から逃れ、日本大使館へとたどり着く。いつまでも止まっているわけにはいかない乃木は、約130億円の奪還に動き出す。一方、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年07月24日(Mon) 09:29