fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜の夜ぐらいは... 第10話(最終話)


内容
“サンデイズ”オープン前夜。
サチ(清野菜名)翔子(岸井ゆきの)若葉(生見愛瑠)の3人は集まり、
高級アイスを食べながら、いろいろな話をしていた。
夢は叶えつつあったが、不安が消えるわけでは無いと。

そのころ、みね(岡山天音)と賢太(川村壱馬)は。。。。

そして邦子(和久井映見)と富士子(宮本信子)も。。。。

それぞれが不安な気持ちを抱えながら。。。。夜が明ける。

敬称略


脚本、岡田惠和さん

演出、新城毅彦さん


あれ?気のせいかな?

開始から10分で、オープン。

。。。。もう、ほぼほぼ、終わってるよね?(笑)

見ていて

“これ以上、何を描くの?”と思ってしまった。

とか思っていたら。14分でCM。

完全に最終回モードである。


ま、いいです。

ってか。。。。途中で、思ったのだが。

今までに描いてきた、いろいろな思いなどを、

“回想”を盛り込みながら、物語を紡いでいるけど。

これ、冷静に見ると。

一見、某局の“特別編”に似た感じだよね。


ただ、それらと、大きく違うのは、

“今現在の幸せ”があるから、それら“過去の苦労”が、

“思い出”に昇華されていると言うことだ。

そのため、“回想”として、混ぜ込んでいても。

特に、不満は無いし。違和感も覚えない。

むしろ、“回想”を盛り込むことで、

“今”が際立ち、感動的になっている。

本当に、意味の有る“回想”である。


“ドラマ”としても、解決しなきゃならないコトばかりだしね!

かなり上手くまとめてきた感じだ。


本当に、良い最終回である。



本音を言えば。

開始直後。あまりにもマイナスな雰囲気だったので。

例え、好転しても、いろいろと残って、回収出来るのか?

と。。。思っていたのだ。

だが、よくよく考えてみると。作者って、“優しい世界”を描くコトが多く。

不安がありながらも、やはり、そっちなのか?

とか、思いながら。。。。終わってみれば、思った通りの結末。

本当に、心の底から、ホッとしました(笑)


《日曜の夜ぐらいは...》

それが、今作としてだけでなく。

まさか“サンデイズ”にまで、反映するとは!!

きっと、そういう店なのである。なんだか。。。《深夜食堂》のようだ。


最後の最後まで、楽しませてくれた作品でした。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202307020003/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『日曜の夜ぐらいは...』最終話

生まれ変わったとしても…私だね 今回の見どころ:「サンデイズ」OPEN 7/23(日)
[続きを読む]

cinema-days 映画な日々 | 2023年07月04日(Tue) 03:15


日曜の夜ぐらいは… (第10話/最終回・2023/7/2) 感想

ABCテレビ・テレビ朝日系・『日曜の夜ぐらいは…』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第10話/最終回『生まれ変わったとしても...私だね』の感想。 カフェ「サンデイズ」開店を間近に、サチ(清野菜名)は翔子(岸井ゆきの)、若葉(生見愛瑠)とコンビニの高級アイスを食べながら「今の自分に高いアイスを食べる資格があるのだろうか」とふと思う。大金を手に入れ、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年07月03日(Mon) 10:20