fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『らんまん』第64回


内容
「万太郎、お話があります」
竹雄(志尊淳)は、万太郎に(神木隆之介)に、
綾(佐久間由衣)と夫婦になることや、東京には戻らないことを伝える。
万太郎は竹雄を祝福し。。。

そんななか祝言の日を迎える

敬称略


作、長田育恵さん



今までの、峰屋の描き方を考えれば、

“こんなところだろう”とは、思っていたけど。

だったら、アレもコレもと、入れる必要は、ほぼ無いのだ。

盛り込むなと言うコトでは無い。

盛り込むと、どうしても、気になってしまう。

そういうコトである。


例えば、峰屋のことは、綾に任せたわけであるが。

あ。。。これは、かなり前の話だ。

今作は、そこに、税金のことや、役人とのトラブル。

そのうえ、祖母のことだけに収まらず。

先日なんて、女性だから。。。なんていうのも盛り込んできた。

もちろん、それらのことは、事実もあるから、

盛り込むこと自体は、問題は無いが。

映像で盛り込むコト、ナレーションで盛り込むコト。セリフで盛り込むコト。

モノローグなど、それ以外にも、いろいろあるけど。

盛り込み方によって、印象は大きく違ってくるのである。

映像で盛り込むと、どうしても、印象に残ってしまう。

今作は、友人からの言葉ではあるが、何度も盛り込んでしまった。

ナレーションなどだと、“そういう状態なんだ”っていう程度なのに。

強調してしまったことで、どうしても、気になってしまうのだ。

なのに、今作は、放置である。


“ドラマ”なので。

モチーフが。。。なんていうことは、それはどうだって良いコトだ。

ただし、印象に残るかたちで盛り込んだモノは、

可能な限り、“回収”して欲しいのである。

それが“連ドラ”というモノだ。


今回だって、祝言の準備をしている描写が、ほぼ無いにもかかわらず。

唐突に、祝言である。

他にも、いろいろと、盛り込みすぎているのが今作。


強調し、放置しまくるから、

メインの話よりも、気になって仕方が無いです。


そもそも、今回だって、

先日。甑倒しに合わせて。。。帰省したんだから。

宴会などに、親戚も出席しているはずで。

寿恵子のことを知らないなんてコトは、無いハズなのだ。

なのに。。。。こういうところだよ。最近の今作の悪いところは。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202306290000/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「らんまん」 (第64回・2023/6/29) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』 公式リンク:Website、NHK高知局応援ページ、東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報、Twitter、Instagram 第64回/第13週『ヤマザクラ』の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年06月29日(Thu) 10:40