fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『らんまん』第56回

第12週「マルバマンネングサ」
内容
ドレス姿の寿恵子(浜辺美波)が、万太郎(神木隆之介)のもとに駆けつける。
寿恵子の姿に“お姫様が来た”と、十徳長屋は大騒ぎになるが、
その様子を見て、長屋の面々は。。。。。

万太郎のことを分かっていなかったという寿恵子に、
万太郎は、植物への思いを語り出す。
日本中の植物を明らかにして図鑑と作ると。
その上で、寿恵子への想いを告げる万太郎。
「わしという命には、あなたが必要ながです。わしと生きてください」
すると寿恵子は、万太郎の気持ちを理解を示し、
「あなたと一緒に大冒険を始める」と告げ、
図鑑を完成させることを、万太郎に約束させるのだった。

敬称略


作、長田育恵さん

演出、渡邊良雄さん



先ずは、怒って。

よくあるような、ベタで、シリアスな告白かと思いきや。

まさかの丈之助!!

そこで終わりかと思っていたら。

寿恵子の馬琴語りに。。。。。丈之助。。。再び乱入。

もう、部屋にまで入っているし!!


好みはあるだろうけど。

緩急の付け方としては、ベストでしょう。

なんていうか。。。丈之助のキャラや、その乱入のタイミングもあるが。

竹雄では、ダメな部分があるよね。

だって。。。。。親友だし。いや、盟友。ふたりは一心同体状態。

だが、丈之助には、丈之助の思いがあり。

同時に、ある意味、現実主義者。今までだって、そんな感じだったし。

良い感じで、丈之助がいるからこそ。

理想と現実の両方を盛り込むことにも成功している。

視聴者だって、

。。。。“日本中。。。”と聞けば。

“未来”を知っていても。。。。“そんな馬鹿げたこと”って、思うしね!


印象として。。。演出的な緩急だけでなく。

内容的にも、緩急をつけたんだろうね。


今作に登場する、他のキャラには無理で、丈之助だからこそ。。。。

ほんと、良い役割である。


脚本、演出、俳優が、上手くかみ合ったエピソードでした。


ってか。。。。この状態で。。。。予告だと。。。。。。

この状態で?

強引に進めるのか、御都合主義なのか。。。。どっちだろうね。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202306190000/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「らんまん」 (第56回・2023/6/19) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』 公式リンク:Website、NHK高知局応援ページ、東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報、Twitter、Instagram 第56回/第12週『マルバマンネングサ』の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良い...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2023年06月19日(Mon) 11:37