レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木夫妻の仁義なき戦い 第1話 ゴミ騒動

内容
数年前、佐々木法倫が、人生の挫折ばかりを味わっていたとき。
突如、目の前に現れた救世主・宇野律子
彼女のやることすべてが素晴らしく見え、
つきあい始めると弁護士の2人は意気投合。
そして2人は結婚し、夫婦で弁護士事務所を構えた。
が、結婚して間もなく気付く『真実』
おおらかそうに見えていた性格は、だらしなく。。。
年を経るごとに家の中は崩壊していった。
ある日、家事をすべて任されてしまっていた几帳面な法倫は、
とあることを思いつく。
家事を放棄してのガマン比べ。
が、、思っているようにいかず、家の中はゴミだらけに。。。
それが元で、大げんかする毎日。

そんなある日。依頼者がやってくる。
その男・小鹿の家の前が、ゴミ集積所になっていて
ゴミが散らかっていても近所の住民が誰ひとり、
片付けないというのだった。
家の前は、いつもゴミだらけ。
ゴミの中で暮らしているようだと。。。
しかし、、小鹿と話しているうちに、
はじめは移転話だったのに、いつの間にか辞めるとまで言い出す小鹿。
様子がおかしいことに気付く法倫。



公式HP
http://www.tbs.co.jp/sasaki-fusai/




コレはスゴいですね。
かなり面白いと言って良いでしょう。


佐々木夫妻。
几帳面すぎる法倫VSいい加減な律子

性格が大きく違う2人の面白さに、
弁護士と言うことから、法律を絡めるケンカ。
家庭内の家事を含むゴミ問題

その今回の2人のケンカを重ねるように発生した今回の依頼。
ゴミ問題。

2つの話をリンクさせ、
回想などを交えながら、セリフをキッチリ追っていった。
最後の説明会。


ほぼ完璧に作り込まれたお話だった




ドラマのポイントとなる最後の説明会の前でも
途中、ケンカから法倫のサポートするように依頼されながらも、
拒否する律子。

でも、
2人の関係を良く知る友人、小川、猪木
それぞれによるサポート。


ベタな感じではあるが、
キャラも表現も含めて良い感じで配置されている。

そのうえ、
桜庭、蝶野、馬場
という、若干奇妙なキャラの事務所の人間。


テンポ、展開が抜群なお話だけでなく、
キャラの作り込みにも凄いモノがあった。



最終的なオチも
根負けしてしまった法倫。。。ってのも、
法倫『もう、やるな
   好きな人間がやった方が良い。

絶対言ってはいけないことを、、、、



かなり面白かったと思います
キャラの表現だけでなく、
ドラマをとことん作り込み、面白くするならするでやり込む!
そんなドラマが面白くないわけがない!!!


って感じかな。(^_^)b



最後にヒトコト。

今回が、初回と言うこともあり
コント部分も、小雪さんの鼻血など。
思いも寄らないことがあり、面白かった。


ただ、、
コント部分の作り込みが、これから以降もやるのかどうかが、
少し心配な部分でもある


弁護士という堅いイメージのモノと、
コメディドラマというコントラストが、今回は存在した。
2人の性格の違いもあり、
ドタバタはある程度必要不可欠なものだと思う。
しかし、、、、
展開上、いつも同じネタをするわけにはいかず、
コメディとしての強さを、どれだけ出すことが出るかが、
コレからの問題だと思う。
きっと、その部分が、生命線になるだろうし、
諸刃の剣になる可能性がある。




とはいえ、
面白いドラマが始まったものです。

そういえば、、、、キャラの名字が。。。。アレだね



ちなみに、、、
わたし的に、今期初の大絶賛ドラマです
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。