fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

PICU小児集中治療室 第7話


内容
具合の悪そうな母・南(大竹しのぶ)を心配する武四郎(吉沢亮)
問い詰めると。すい炎と診断されたと南は説明する。
「嘘じゃ無いね?」「嘘じゃ無いよ!」
話をしてくれただけでも、武四郎は安心する。

一方、移植の決断をした小松圭吾(柊木陽太)だったが、症状が徐々に悪化。
補助人工心臓による処置も難しい状態になりつつあった。
わずかな変化も見逃さないようにと見守るしか無い武四郎。

そんななか植野(安田顕)に鮫島知事(菊地凛子)から連絡があり。。。

そしてPICUに急患の受け入れ要請が入る。

敬称略



脚本、倉光泰子さん

演出、平野眞さん


ほぼ、次回のための“つなぎ”ですね。


別に、普通に医療モノするのは、どうだって良いのだけど。

ちょっと、気になったことを。

なぜ、“親と連絡が”というネタをまた使ったの?

にもかかわらず。

前回とは違って、主人公が必死になっていないし。

えっと、担当が違うから?(笑)

ま、いいや。

そこよりも、気になったことを、ひとつ。

主人公の母のことを描きたいのは分かるけど。

もうそれ、“PICU”と関係が無いよね?

そらね。主人公とは関係があるんだけど。

そこを言い出してしまうと、親友のアレコレも、同じですが。

ただね。

今回のPICUの“コト”って、何一つ変わってないんだよね。

治療、処置はしているけど、状況の変化はラストまで無いし。


あえて、良い言い方をするなら、丁寧すぎる。。。でしょうか。

本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202211210001/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PICU -小児集中治療室- 第7話

武四郎(吉沢亮)は拡張型心筋症を発症後、心拡大が悪化してしまった圭吾(柊木陽太)の病状が心配なため、寝る間も惜しんで見守っていました。 そんな中、植野(安田顕)は、悠太(高杉真宙)に会いに行きます。 悠太は医師に戻れることになり、救命医として東上(中尾明慶)と仕事をすることになります。 南(大竹しのぶ)の病状を心配する桃子(生田絵梨花)は、舞(菅野莉央)と悠太に相談していました。 一...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2022年11月22日(Tue) 11:57


PICU 小児集中治療室 第7話「葛藤と後悔…移植を待つ少年を救えるか?ついに母の告白」

「監察医 朝顔」(同系)のスタッフがおくるオリジナル作品北海道を舞台に、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れることのできるPICU(小児専門の集中治療室)を作るため、そして医療用ジェット機の運用実現のために奔走するメディカル・ヒューマンドラマ。中盤の山場。今回は盛り沢山。“しこちゃん先生”こと、志子田武四郎(吉沢亮)は、しばらく 丘珠病院に泊まるつもりで 荷物をまとめ...
[続きを読む]

のほほん便り | 2022年11月22日(Tue) 08:20