fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『アトムの童』第1話

内容
老舗玩具メーカー“アトム玩具”に、
“やよい銀行”融資課の富永海(岸井ゆきの)が融資の説明でやって来る。
海を見て、専務の八重樫(でんでん)や、造形師の各務(塚地武雅)は大喜び。
“姫”が帰ってきたと。
海は、“アトム玩具”の社長・富永繁雄(風間杜夫)の娘だった。
不要なモノなどの整理をするよう、父に命じる海だが、父は聞こうとしない。
が、突然、繁雄が海を連れ出すのだった。
向かったのは、ホビーショー。
設置してあるガチャに荷物を持ってきたのだった。
が、そこで妙な青年に遭遇する海。
ガチャにこだわりが有るようで、唖然としていると。係員が駆けつける。
呼ばれた場所へ向かうと。。。。父が倒れていた。

一方、ガチャへの愛情を語る安積那由他(山崎賢人)は、
友人の森田(岡部大)に連れられ、会場内のeスポーツ大会の会場へ。
那由他は、壇上にいる“SAGAS”の興津(オダギリジョー)の姿に。。。。

一命を取り留めた父・繁雄。
しかし、医師から。。。。。。。

そのころ、那由他は、ある場所を訪れていた。

そんななか、海は、支店長の小山田(皆川猿時)から、
“SAGAS”が“アトム玩具”を買いたいという話を聞かされる。
従業員もそのまま雇用してくれると、
会社の生き残りのために。。。と八重樫、各務に説明するが、拒絶される。

愕然とする中、海は、ネットゲームカフェを訪れ、
そこで那由他と再会する。
那由他から“アトム玩具”社長のおもちゃへの愛を聞かされ。。。

敬称略


脚本、神森万里江さん

演出、岡本伸吾さん


潰れかけの玩具メーカーと、天才ゲームクリエイターが手を組み、

巨大IT企業へと挑んでいく!


ってことのようだ。

なんていうか。。。“日曜劇場”で、よくやっているネタだ。

ただし。

それらは、原作ありの作品なので、

そういう意味での限界がありますが。

今作は、それらと同種の作品ではあるが、イマドキな要素を盛り込んだ作品に!

そんな感じかな。


と言っても、やはり“日曜劇場”なので、

基本的に、ほぼ同じような路線ですね。

話の展開も、演出も。

まぁ。。。。おてのもの。。。なんだろうね。

既視感はあっても、丁寧に仕上げてきているし。

“ドラマ”として、それほど、不満は無いです。

ただね。ちょっと、いろいろと盛り込みすぎかな。

いろいろな因縁などを盛り込むのは、悪いとは思いませんが。

そのあたりを回収しながら、何らかの結末を描くなら。

次回以降、重要になるのは“取捨選択”だ。

ミスってしまうと、

何をメインにしたいかが、分からなくなる可能性が高い。


もうすでに、盛り込みすぎの印象が強いので、次回次第だろうけどね。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202210160002/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アトムの童 第1話

天才ゲーム開発者・安積那由他(山崎賢人)は「ジョン・ドゥ」という名前で活躍し、大手企業や販売元を介さずに個人でゲームを制作していましたが、現在は自動車整備工場で働き、ゲーム開発からは離れていました。 一方、海外との価格競争などの影響で廃業の危機を迎えていた老舗玩具メーカー・アトム玩具では、IT企業SAGASから特許の買収を持ち掛けられていましたが、社長・富永繁雄(風間杜夫)が倒れてしまい、...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2022年10月17日(Mon) 09:51


アトムの童 第1話「バカにするなよ!!ゲーム産業へ挑戦!」

ゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者が大資本の企業に立ち向かい成長していく姿を描く、神森万里江 脚本の オリジナル作品。eスポーツに注目してるあたり、新しいなぁ…と、神森万里江について、調べてみると、「相棒」シリーズで何作か、そして、「相棒 season18 元日スペシャル」を執筆した実力。最近作では、森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河が出演していて話題になった「この恋あたためますか」...
[続きを読む]

のほほん便り | 2022年10月17日(Mon) 09:50