fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』第1話

内容
大学で警備員(水澤紳吾)に追われる成川佐奈(永野芽郁)
通りかかった須崎功(杉野遥亮)に助けられ、
親友の栗木次郎(前原滉)の代わりに、授業を受けていたと分かる。
佐奈は、母子家庭で、大学に行けなかったと打ち明ける。

3年後。佐奈は、教育系アプリの会社“ドリームポニー”のCEOに。
その横には、共同創業者の須崎とエンジニアの栗木もいた。
全ての人が平等に学べる場所を提供すること。。。

だが、ある日、出資するベンチャーキャピタルの
高輪(山口祥行)と白金(山口貴也)の呼び出しを受ける。
アプリのユーザー数の頭打ち。現状では、会社は潰れてしまうと。
会社に戻った佐奈は、須崎たちに事情を伝え、
現状打破のため人員募集をすることが決まる。

そのころ、いなほ銀行の立川支店長を務める小鳥智志(西島秀俊)は、
上司の東郷(井上肇)から部下の異動を告げられる。
小鳥は自分が責任を取ることを決め、会社を辞めた。
友人の大島(松尾諭)は、呆れかえるが。。。。

そんななか“ドリームポニー”の面接会場に、小鳥が現れる。
まさかの人物に、困惑する佐奈たち。

敬称略


脚本、大北はるかさん

演出、青山貴洋さん



経営不振に陥った会社が、新人を入れて。。。。



一種の“お仕事ドラマ”ではありそうだが。

登場人物のバランスを考えると、“青春ドラマ”でもあり。

中年のおっさんが再起を図るドラマ。。。でもありそうだ。

ま、、それもまた、“第二の青春”と言えるかもしれませんが。


様々なギャップで見せつつ、

いろいろな変化をしていく。。。という雰囲気だけを考えると。

“恋バナ”を、どこまで盛り込むか?というのもあるだろうが。

この枠は、“恋バナ”を推しまくる《枠》なので、

バランス次第でしょうけど。

若干、弱めの印象もあるので、

以前、この枠で放送した《おカネの切れ目が恋のはじまり》に

雰囲気が似ている感じかな。


あとは、

おっさん要素を混ぜていることを考えると。

《私の家政夫ナギサさん》にも似ている感じだ。


結局、描くバランス次第でしょうね。


どういう方向にも進むことが出来そうな《要素》もあるし。

若干、《穴》はあるが、キャスティングのバランスも、絶妙だし。

でも、枠が枠だからなぁ。。。。。(笑)


完全に、脚本にかかっているよね。これ。

オリジナルだから、どうにでもなりそうだが。。。。


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202207050002/
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユニコーンに乗って 第1話「大人の青春が始まる! 」

原作がコミックや小説等でない、オリジナル脚本だったのですね。永野芽郁が、また、ハコズメみたいにハマり役だとイイな… キャスティングが魅力で期待…意欲的に「現代を斬ってる心意気」も評価したいです、教育系スタートアップ企業の、若き女性CEOのもとに、おじさんが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く“大人の青春”ドラマ。永野芽郁が主演...
[続きを読む]

のほほん便り | 2022年07月06日(Wed) 14:16


ユニコーンに乗って 第1話

成川佐奈(永野芽郁)は教育系アプリを手掛けるドリームポニーのCEOです。 5年前に大学に潜り込んで聴いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに、3年前に起業しました。 10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるようなビジネスにすることが目標です。 しかし、売上、技術ともに行き詰まる日々に焦っていました。 そんな佐奈を心配するのは、共同創設者・須崎功(杉野遥亮)です...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2022年07月06日(Wed) 11:55


ユニコーンに乗って (第1話/初回15分拡大スペシャル・2022/7/5) 感想

TBS系・火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第1話/初回15分拡大スペシャル『大人の青春が始まる!』の感想。 佐奈(永野芽郁)は、教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO。高卒ながら独学で立ち上げた会社を、評価額10億ドル以上で設立10年以内の非上場ベンチャー「ユニコーン企業」に成長させることを目指している...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年07月06日(Wed) 09:38