fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『ちむどんどん』第41回

「てびち!てびち!てびち!!」
内容
1974年11月
徐々に、仕事に慣れてきた暢子(黒島結菜)

ある日、房子(原田美枝子)から。。。。

敬称略



作、羽原大介さん

脚本協力、新井静流さん

演出、大野陽平さん




設定というか、話の流れでは

1972年に、上京。高校を卒業した年。。。らしい。

ってことは、現在、2年半経過しているってことですね。

不明瞭だが。

1年半で、新聞社。

前回、第40回の後半では、“成長している姿”

少なくとも、半月で、ちょっとした騒動。そして成長、変化。

このとき、新聞社の備品では、10月と思われるモノがあり。

そこで、成長している。

で、そのあと、定番の桜。。。。春だろう。

状況からすると、やはり、半月から1ヶ月程度で、レストランかぁ。。。

と、そんな風に考えていくと。

そこから、半年で、客の淀川に説明が出来ていると言うことは。

。。。。う~~~ん。。。


で、そこから、半年経過の今回のエピソード。

矢作「さすが勉強熱心だな」

で。。。すでに、料理を新しく。。。。。。って。。。。

もの凄く、偉そうな態度の主人公・暢子。

う~~~ん。。。。

基本的な料理も出来るようになったのだろうか??


かなり甘く見ても、新聞社から帰ってきて1年だよね?


これは、料理の才能がある。。。ってことを、言いたいのか?


あとの、兄妹は、どうでも良いよ。


主人公の成長、変化が、全く納得出来ないです。

“勉強熱心”という単語だけで端折って、誤魔化すのは、

さすがに、どうかと思う。

普通に。鼻につく。。。。嫌なヤツに、しか見えないのだが。。。。

そもそもの話。

ドラマの展開上、アレコレやりたいのだろうけど。

屋台が。。。なんて。。。どうでも良いことで。

もしも、本気で、アレコレやりたいなら、

先ずやるべきは、下宿先の沖縄料理店ではないのか????

今作は、料理が下手って言う、“ネタ”にしているけど。

でも、それなりに、存続出来ていることを考えると。

何らかの理由などがあるはずで。

もし、ほんとに、下手なら。。。。。。いろいろと問題が浮上するのだ。

“ドラマ”だから。。。。も分かるが。

端折らずに、頑張っている姿を描いて欲しかった。


このまま、頑張らずに、何らかの成功をするんですか????

それって、賢秀と、何が違うの?


本家の感想。
https://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/202206060000/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「ちむどんどん」〔全120回〕 (第41回・2022/6/6) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ちむどんどん』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第41回〔全120回〕/第9週『てびち!てびち!てびち!!』の感想。     ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 暢子(黒...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年06月06日(Mon) 11:10