fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ(5)』第4話


内容
今回、三田園(松岡昌宏)と素子(山本舞香)が向かったのは、
社会科学者・有馬祥子(森口瑤子)の自宅。
早速、祥子から「2階には行かないように」という注意がある。
担当編集者・都築由紀夫(久保田悠来)の様子から、何かがあるよう。
そこで三田園は、2階を確認すると、息子・拓也(稲葉友)を見つける。
引きこもっているようだった。
話を聞いた素子は、連れ出したいと考え。。。。

敬称略


脚本、山岡潤平さん

演出、松川嵩史さん


まぁ、

もともと、“パチン”で、時間を止めているからね(笑)

きっと三田園には、そういう“能力”があるのだろう。

ってか。。。。実力行使!!

やはり、そこまでの“力”があったか!!


「まさか、こんな方法だとは」というセリフ通りである。


しっかし。。。「じっちゃんが泣いてるわ」

まさかそこまでの演出をしてくるとはね。。。。

えっと、後方支援ですか?


今回も普通に楽しかったです。

考えてみれば、

最近には無いほど、綺麗にまとめてきましたね。

タイムリープより、そこが、一番驚いたかも。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家政夫のミタゾノ 第5シリーズ 第4話

今回は、タイムリープもの…ゲストに「世界とコネを作る=セカコネ」で、人気を博している社会科学者・有馬祥子約で、森口瑤子。(さすが、「HERO」シリーズで、唯一、久利生を翻弄して苦渋を舐めさせた、クセモノ&大人気 料理の先生役を演じただけありますね。尋常でない展開のゲストに似合います。でも、「もしも“あの時”に戻れたら…」は、誰もが思い描く願望で、エンタメの王道。「時かけ」(原田知世ヒロインの...
[続きを読む]

のほほん便り | 2022年05月15日(Sun) 06:14