fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

金曜ドラマ『インビジブル』第4話



内容
捜査三課の課長・大貫昌代(松下由樹)から捜査一課に捜査協力がある。
志村(高橋一生)に協力して欲しいと言うこと。
絵画盗難事件が発生。窃盗団の関与は分かっているが。
被害者の城島直人が、被害届を出さないと言っているという。
同じ犯行を疑われる事件が3件、発生しているが、
すべての被害者が、被害届を出していないと言うことだった。
“インビジブル”。。。キリコ(柴咲コウ)の協力を得たいという。
キリコの存在は、一部の関係者しか知らないはずだが、
大貫のもとにタレコミがあったと言うことだった。
志村と一緒に話を聞いていた犬飼(原田泰造)は、志村に丸投げ。

早速、志村がキリコに話を聞きに行くと、窃盗団は“モンキーズ”だという。
そのキリコの態度に、違和感を抱く志村。
どうやら、大貫に情報を与えたのは、キリコのよう。
キリコの話では、“モンキーズ”の次のターゲットは、
50億と言われる“ナンバーX”だという。

そんな折、通り魔事件が発生し、使われた凶器が、
3年前の事件で使われた凶器と同じナイフという情報が志村に伝えられる。
焦る志村を抑える猿渡(桐谷健太)と犬飼は、志村を納得させ、
窃盗事件の解決に尽力するよう命じる。

その直後、焦る志村に、キリコが告げる。
今回の事件は、3年前の事件と繋がっていると。。。。

敬称略


脚本、槌谷健さん

演出、棚澤孝義さん


それにしても、相変わらず、今作は、話の接続が雑だよね。

見ていると、

“なぜ?”“何やってるの?”という繋がりに違和感のある場面が、

何度も登場する。

特に“縦軸”絡みの部分は、いつも、そんな感じ。


そもそも、

“キリコ”という要素で、面白く見せようとしている“ドラマ”のハズなのに。

わざわざ、過去を引っ張り出してくる必要は無いのだ。

もちろん、全否定するわけでは無い。

でも、“今”の描写が雑な状態で、描くようなことでは無い。

それも、今回くらい、長時間描いてしまうと。

今回のメインが何かが、サッパリ分からなくなってしまう。


実際、見ていると。

主人公が、過去に囚われるのは、良いとして。

主人公。。。仕事してないよね?っていう印象になってしまっている。

完全に、本末転倒である。

最終的には、ギリギリ。。。納得出来ないわけでは無いけど。

モヤモヤしたまま、最後まで描くんじゃ無い!!



先ず第1に、今回のエピソードが、大きなミスをしているのは。

キリコの目的をハッキリとさせないまま、物語を動かしていること。。。。だ。


これまでのエピソードも、同じだけど。

極論を言えば、ゲストが誰だろうが、そんなのどうでもいい話。

当然、事件も犯人も、それも、どうだって良いのだ。

確かに“刑事モノ”としては、それなりに楽しいが、それはそれ。

今作にとって、それは、些細な事柄でしか無い。


今作にとって重要な“流れ”は、

キリコが主人公・志村を動かしていることだ。

そこに“流れ”があり“物語”がある。

それこそが、今作の“らしさ”であり“肝”なのだ。

だからこそ、動かす“理由”である、キリコの“目的”を、

毎回、それなりに、ハッキリさせなきゃ、

ただの一風変わった“刑事モノ”でしかない。。。ってことになってしまう。


そう。本来、今作が、先ず描くべきは、

 1.キリコの凄さ。

そして、

 2.キリコ主導で動く志村と物語。

そして、最終的に、

 3.その物語を描くためのキリコの目的。

出来れば、これらは、

毎回描かなければならないこと。

そこが“今作らしさ”につながり、“縦軸”に繋がるハズだからだ。

しかし今作は、それが雑。

見せ場があるようで、何一つ無い。

なんとなく、思わせぶりな展開と演出を描いているだけ。。。。である。



ハッキリ言えるのは。

現在の描写ならば、2時間ドラマで十分。

次回が最終回でも、良いくらいだ


ただ、あえて、今回、良かったことを指摘しておくと。

前回までの3話と比べて、

前述の描くべき要素が、それなりに盛り込まれていること。。。だ

完全に、相対的に。。。。ってことである。

見せ場は中途半端でも、

“ドラマ”として、“連ドラ”として描くべき“要素”が、

盛り込まれているため、

“物語”として、ギリギリ、見ることが出来る状態になっている。

あとは、

ホントの意味で、面白いと思えるような見せ場さえあれば、

最終回まで、見ることが出来るかもしれません(苦笑)


そう。今回くらいなら。。。。。ってことだ。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インビジブル 第4話

警視庁捜査3課課長・大貫(松下由樹)から捜査1課に捜査協力を求める連絡が入ります。 話を聞くと、同一犯とみられる絵画盗難事件が相次ぎ、真相を確かめるため、志村(高橋一生)を通じてインビジブルのキリコ(柴咲コウ)の力を借りたいと言います。 志村から事件の概要を聞いたキリコは、窃盗団「モンキーズ」が関与し、彼らが次のターゲットに50億円の高額絵画を狙っていると告げます。 そして、キリコは志...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2022年05月07日(Sat) 17:21


インビジブル (第4話・2022/5/6) 感想

TBS系・金曜ドラマ『インビジブル』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第4話『3年前の犯人現る! カギは窃盗団…命懸け潜入捜査の先には!?』の感想。 志村(高橋一生)は捜査三課課長の大貫(松下由樹)から、猿の格好をした3人組による窃盗事件の捜査協力を求められる。被害者側にも不可解な点があるという大貫は、志村を通じてキリコ(柴咲コウ)からの情報提...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年05月07日(Sat) 09:21


インビジブル 第4話「3年前の犯人現る!カギは窃盗団…命懸け潜入捜査の先には!?」

人気脚本家、いずみ吉紘作品。あいかわらず、独自路線のストーリー展開がスリリングで目が離せませんね。特に今回は、パーティ会場に潜入。仮面舞踏会状態に、正装が映える2人にも、うわおっ!特に、オークション会場でのやりとりは、ドキドキでしたね。事にの始まりは、捜査三課長の大貫(松下由樹)から捜査一課に捜査協力を求める連絡。同一犯と見られる連続絵画盗難事件の真相を探るため、志村(高橋さん)を通じて、イ...
[続きを読む]

のほほん便り | 2022年05月07日(Sat) 06:05


金曜ドラマ『インビジブル』第4話

内容捜査三課の課長・大貫昌代(松下由樹)から捜査一課に捜査協力がある。志村(高橋一生)に協力して欲しいと言うこと。絵画盗難事件が発生。窃盗団の関与は分かっているが。被害...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2022年05月06日(Fri) 23:02