fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『ちむどんどん』第17回


内容
料理部の助っ人で、大会に出ることになった暢子(黒島結菜)
おかげで、最近、笑顔の無かった暢子は、笑顔に。
そんな娘の姿に、母・優子(仲間由紀恵)は、胸をなで下ろす。

一方、良子(川口春奈)は、石川(山田裕貴)のことが気になるが、
同じく、同僚の東江里美(松田るか)が。。。。。
そんな良子に、言い寄る金吾(渡辺大知)

そのころ賢秀(竜星涼)に、実業家の男が声をかけてくる。

そして歌子(上白石萌歌)は、音楽教師の下地(片桐はいり)につきまとわれ、
逃げ回っていた。
ついに、比嘉家に、下地が押しかけてきて。。。。


敬称略



それにしても、

どういうつもりなんだろうなぁ。。。。

そもそも。

今作は、初回から“おいしいものが好き”と言い切っているのだ。

そのうえ、第1週には、“料理”に興味がある感じで。

父からも教わっている場面だけで無く。

そこに繋がる描写もあったのだ。

もちろん、“子供だから”も分かる。

現在の“葛藤”も理解する。

ただ、思うのだ。

家庭の事情を考えると。。。。。ってことだ。

兄は、あんなのだし。手本になる姉もいる。

だったら、最低限、“比嘉家のため”であってもいいハズ。

なのに今作は、第1週で、すでに

“なぜか”。。。暢子に対して両親が“暢子は暢子のままで”という

意味の分からない言葉を並べてきたのだ。


“ドラマ”としては、適切だろうけど。

比嘉家の事情、病弱の妹もいる状況で、

“すぐに決めない”という選択肢は、アリなのかな?


“今の時代”ならば、納得出来るんだけどね。

でも、描かれている“時代”が、大きく違うし。


シンプルに。


 元料理人の父に憧れ、料理に興味津々。

 来年に決まった“返還”をきっかけに、

 親戚のいる東京に行きたい!東京のおいしいものを!


っていうだけで、良かったと思うんだよね。

まぁ、今作の設定が、どこまで、どうなのかが。よくわからないが。

こういう“初期設定”や“主人公の夢”は、

“ドラマ”にとって、もの凄く大切なのは言うまでもなく。

“物語”の“芯”になるのは、言うまでもないこと。


なのに。。。。。

妙な紆余曲折ばかりで。。。。意味不明だ。

じゃなくても、四兄妹で、描いているので、薄味なのに。

結果、片桐はいりさん、渡辺大知さんしか、印象に残ってないよ(笑)



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「ちむどんどん」〔全120回〕 (第17回・2022/5/3) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ちむどんどん』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第17回〔全120回〕/第4週『青春ナポリタン』の感想。     ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 暢子(黒島結菜)は就...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年05月03日(Tue) 12:51


連続テレビ小説『ちむどんどん』第17回

内容料理部の助っ人で、大会に出ることになった暢子(黒島結菜)おかげで、最近、笑顔の無かった暢子は、笑顔に。そんな娘の姿に、母・優子(仲間由紀恵)は、胸をなで下ろす。一方...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2022年05月03日(Tue) 07:52