fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『やんごとなき一族』第1話

内容
母・良恵(石野真子)と“まんぷく食堂”を切り盛りする篠原佐都(土屋太鳳)
ある日、恋人の深山健太(松下洸平)からプロポーズされ、即諾する。

後日、健太の実家へ挨拶に行くことになったのだが、
迎えに来た高級車に、佐都は、驚く。
そのうえ、向かった先が。。。。超豪邸。
健太は、名家の御曹司だった。

が、健太の母・久美(木村多江)により、佐都は門前払いに。
父・圭一(石橋凌)は、佐都が庶民であると、受け入れを拒否する。

敬称略


原作は未読。

脚本、神森万里江さん

演出、田中亮さん



庶民が、超上流一族に嫁ぐことになり。。。。

ってことのようだ。


いろいろと奮闘する姿を見せるのだろう。


“ドラマ”として、シッカリ描こうとしているのは、伝わってくる。

荒唐無稽なのは、まぁ。。。仕方あるまい。


ただ、なんて言えば良いんだろう。。。か。

《華麗なる一族》だとか《花より男子》と同種の作品群に入るのだろうけど。

今回を見た限りでは、

物語らしい部分が、皆無で。。。。なんか。。。コントのよう。

ってか、

説明ばかり。。。セリフだらけ。

そんな印象しか無い。

そもそも。。。ギャップこそに意味があり。

そのギャップをもとにしたやりとり、バトルこそが本題なんだよね?

だったら、

説明より先に、今作の魅力そして方向性を、先ず見せるべきじゃ?

説明が長すぎて、途中で、飽きてしまった。

30分経っても、ただ家族の争いを見せられただけだし。


本格的に、物語が動き始めた。。。と思えたのは、

開始から50分経過。。。。。。。遅すぎだろ。。。。

先日の某作よりは、マシだけど。

五十歩百歩どころか、九十九歩百歩。。。くらいか(苦笑)



まぁ、そこも、いいや。

説明は、ある程度、必要だろうし。

でもね。

一番の問題は、主人公夫婦の魅力と物語の魅力を感じにくいことだ。

おかげで

説明を終えた後でも、“見たい”という気持ちにならなかった。

最低限、“次を見たい”“続きを見たい”と感じさせて欲しかった。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木曜劇場『やんごとなき一族』第1話

内容母・良恵(石野真子)と“まんぷく食堂”を切り盛りする篠原佐都(土屋太鳳)ある日、恋人の深山健太(松下洸平)からプロポーズされ、即諾する。後日、健太の実家へ挨拶に行く...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2022年04月21日(Thu) 23:50