fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第91回


「1992-1993」
内容
ついに、テレビが壊れてしまった大月家。
るい(深津絵里)は、“あかにし”に駆け込み。。。。
そして年が明け。大月家に、テレビがやって来た

桃太郎(青木柚)が、“今年こそ”と野球に打ち込み始めるなか、
ひなた(川栄李奈)は、榊原(平埜生成)から映画村の経営状況だけでなく、
時代劇の危機を告げられる。
そこで、ひなたは、外国人観光客をターゲットにしては。。。と提案するが。。。

かつて、伴虚無蔵(松重豊)に言われた“時代劇を救って欲しい”という言葉が、
ひなたに重くのしかかる中、
帰宅したひなたは、母・るいが外国人客相手に英語を話すのを目撃する。

敬称略



ただただ。。。ひとこと。

不自然。


“毎日、英語会話聞いている”“ズッと、聞いている”

は、理解するし、納得出来なくもないのだが。

だったら、もう少し、ラジオを強調すべきだったんじゃ?

英語講座を強調する必要はないけど。

。。。と。。。そうなってくると。

やはり、家族の描写、家の描写が、少なすぎるのが、

微妙に足を引っ張っている感じだね。


そもそも。

公式HPによると。

 “3人のかたわらには、ラジオ英語講座があった”

。。。んだよね?

そのうえ

 “ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に”

。。。なんだよね??



別に完璧を求めていない。100%を求めていない。

でも、もう少し。。。。ってのが、本心。

じゃないと。

どれだけ、“回収”と言って、宣伝しまくったところで。

“連ドラ”としては、付け焼き刃の印象しかなく。

成立していないのと、同じなのである。


いくらでも、出来ただろうに。。。

極論を言えばね。

店の中で、裏でラジオを流して、

家族が会話するだけで、良かったんだよね。

ただそれだけ。

ちゃぶだいなんて、どうだってよく。

外のロケや、映画村セットなどでの会話なんて、どうだってよく。

店の前。。。は、ギリギリだけど。

回転焼き屋の店の中だけで、良かったのだ。

ただ、それだけだったのに。


テーマ、題材は、そういう印象づけが大切で。。。。。。。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第91回・2022/3/10) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第91回〔全112回〕/第19週『1992-1993』の感想。     ※ 本作は、2022年2月26日、NHK大阪放送局で撮影が終了しました。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※&n...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年03月10日(Thu) 10:31


連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第...

「1992-1993」内容ついに、テレビが壊れてしまった大月家。るい(深津絵里)は、“あかにし”に駆け込み。。。。そして年が明け。大月家に、テレビがやって来た桃太郎(青...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2022年03月10日(Thu) 07:50