fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第83回


「1984-1992」
内容
オーディション当日。
五十嵐(本郷奏多)と伴虚無蔵(松重豊)が、殺陣をすることに。
そして、“役”を交代して殺陣が行われようとしたとき、
桃山剣之介(尾上菊之助)が。。。。

敬称略


作、藤本有紀さん

演出、石川慎一郎さん



理解はしてるんだけどね。

重ねて、そして。。。いわゆる“回収”だ。

ただまぁ、これまでの描写を考えると。

素直に“回収”と言い切れないのは、

“そういう描写”を行ってきたからである。

以前から何度も指摘しているが。

“サンタ”絡みの描写が、ことごとく曖昧な描写だと言うこと。

そのため、“妄想”なのか“事実”なのかが、判断出来ないのだ。

好意的に解釈すれば、納得出来る。

熱狂的に、狂信的に見れば、納得出来る。

だが、冷静になれば、違和感がある。。。それこそが、今作の真実。

それが、“サンタ”の部分だけで無く。

他の部分も含めて、そういう描写になっていることがアリ。

“連ドラ”としては、ビミョーに破綻してしまっているのである。


これまた、以前から書いていることだが。

本気で描くなら、一年という通年放送にするか。

三世代では無く、二世代にする。

そうすれば、

くだらないイイワケを垂れ流さなくても、

もっともっと、納得して見ることが出来たはずなのだ。

まぁ、本来なら、三世代であっても、

描くことの取捨選択を適切に行い。

ナレーションで、上手く誤魔化せば、納得出来たとは思いますが。

これまた、以前から指摘していることである。


そもそも“テーマ”を決めた段階で。

取捨選択なんて、簡単にできたと思いますけどね。。。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第83回・2022/2/28) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第83回〔全112回〕/第18週『1984-1992』の感想。     ※ 本作は、2022年2月26日、NHK大阪放送局で撮影が終了しました。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※&n...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年02月28日(Mon) 10:55


連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第...

「1984-1992」内容オーディション当日。五十嵐(本郷奏多)と伴虚無蔵(松重豊)が、殺陣をすることに。そして、“役”を交代して殺陣が行われようとしたとき、桃山剣之介...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2022年02月28日(Mon) 07:50