fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』土曜版第14週



もう、今週のエピソードは、

いろいろな部分で、“穴”が多くて。

それを、指摘し続けてしまったので、

今回の感想は、ほぼ無いのだが。


今週のエピソードも、ほぼ箇条書きだったことが、よく分かった今回である。

あ。。。そうそう。

今回の“土曜版”を見て、箇条書きを強く感じただけで無く。

もう一つ感じたのは。

今週が“ひなた編”だった。。。。ってことだ。

“土曜版”では、“るい”の印象が、薄くなっているからである。



そんななかでも、

やはり、気になるのが。。。“安子編”“るい編”との“繋がり”

特に、先日も指摘したが、岡山、大阪との関係性だ。

これが、ほんと、気になって仕方が無い。

完全に、縁を切ってるよね。。。。。これ。。。。


例えば、天涯孤独の錠一郎なら、“仕方ない”と感じることが出来る。

でも、るい。。。は、違うよね?

明らかに、“家族”に助けられてきたのだ。

岡山では、岡山の家族。大阪では、大阪の家族だ。

そして今週など、“新しい家族”のフラグも立ったのに。。。。


かなり好意的に見ることも、出来ないわけでは無いが。

あくまでも“家族の物語”だと言い切っている今作なら、

“家族”を描かずに、どうするんだ?っていう話だ。


これが、ほんと、疑問でしか無い。

むしろ、こうなってくると。

“安子編”のほうが、イレギュラーだったのか?ってコトになりかねない。

個人的には、

“るい編”“ひなた編”の現在の状態は、

主人公たちに、冷静さというより、冷酷さを感じている。

確かに、内容も、演出も、そういう感じでは無く。

“あざとさ”を感じるほどの“物語の見せ方”だったのは、認めます。

でもなぁ。。。。なんかねぇ。。。。


これまた、ズッと指摘していることだけど。

“安子編”の“主人公・るい”の“あのセリフ”の印象が悪すぎなんだよね。

それを、ズッと引きずっている。


“主人公・るい”にとって、それだけの出来事だったのだろうが。

視聴者の“るい”の印象も、やはり、アレが基本だからね。


好意的に、、、盲信して疑わない人ならば、

気にならないだろうが。

今作は“連ドラ”なのである。


“アレ”だって、実際は、

もし仮に、“安子とるい”の“家族”の描写を、もっともっと描いていれば、

印象は変わったと思うんだよね。

今作は、中途半端にしか描かず。

いざ、描いたら。。。必ず、雉真家を絡めたので、

あまり、良い雰囲気の印象は残っていないのである。

だから、今作だって、“安子とるい”の描写で使うのは、同じ場面ばかり。

それだけ、“素材”が足りない。。。ってコトである。


もっと、シッカリ描いていればなぁ。。。。。。。

ほんと、“ひなた編”に入ってから、その印象が強まっています。



きっと、今後は、

“ひなた編”ではあるけど。

“大人の事情”で、“るい・ひなた編”に近い印象の物語になるのだろうが。


今週のように

“主人公・ひなた”が、単独でアレコレやっているような場面だけで無く。

もう少し、“母・るい、父・錠一郎”とのやりとりを描いて欲しいです。


まぁ、どうなるかは、分かりませんが。

それだけが、唯一の希望。。。可能性だと思っています。


最後に。

予告では分からなかったことだが、英語は、今後登場させるつもりあるの?






関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全23週〕 (第14週/土曜日版・2022/2/5) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第14週『1965-1976』の 『土曜日版』の感想。     ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 るい(深津絵里...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年02月05日(Sat) 12:53


連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』土...

もう、今週のエピソードは、いろいろな部分で、“穴”が多くて。それを、指摘し続けてしまったので、今回の感想は、ほぼ無いのだが。今週のエピソードも、ほぼ箇条書きだったことが...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2022年02月05日(Sat) 08:02