fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第51回

「1962-1963」
内容
トミー(早乙女太一)に誘われ、
るい(深津絵里)は、錠一郎(オダギリジョー)ベリー(市川実日子)と4人で、
海へとドライブ。ダブルデートをすることに。

が、トミーには、別の目的があり。。。。

敬称略



現状で“公私”という言い方もどうかと思うが。

“公私”である、仕事と恋バナの両方の物語を“次”に進ませるために、

丁寧に描いている。。。。と言えなくもないのだが。

“次”の“ひなた編”のフラグも含めて、

今週に入ってから、もの凄く強引に話を進めているので。

丁寧さを感じたり、物語に面白みを感じたりするよりも、

その強引さの印象の方が強いです。


それこそ、かなり好意的に見ても。

“起承転結”で、“起承”が先週までで、今週は“転”。

名目上は、“第8・9・10週”を経て、今週の“第11週”なワケで。

一応、前半は、約10話ほど、実質2週あったのだけど。

極論を言えば、内容的に、ナレーションで出来るレベルしか、描いていないし。

まぁ。。。全く描いていないわけでは無いが。

年末年始をまたいでいるし、不必要な描写が多くて、

登場人物や、物語の印象は薄い。

これで、“転機”を描くのは、“連ドラ”としては“強引”でしかない。


ほんと、なぜ、ナレーションで補足しないかなぁ。。。。


かなり好意的に見ているから、主人公・るいと錠一郎の関係性は、

ある程度、“そういう関係”だと感じているけど。

これ、好意的に見ないと、納得出来ないのも事実で。

正直、未だに、“好意”なのか、“厚意”なのかさえ、

ビミョーな印象なのである。

それこそ、額の傷なんてのも、ふたりの関係に、明確に表現していないし。

当初、盛り込んだはずなのに。前の、風間俊介さんの部分なんて、、、

う~~ん。。。。御都合主義にしか見えない。。。。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全120回〕 (第51回・2022/1/13) 感想 ※キャプチャー画像あり

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第51回/第11週『1962-1963』の感想。     ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 るい(深津絵里)は、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2022年01月13日(Thu) 10:34


連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第...

「1962-1963」内容トミー(早乙女太一)に誘われ、るい(深津絵里)は、錠一郎(オダギリジョー)ベリー(市川実日子)と4人で、海へとドライブ。ダブルデートをすること...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2022年01月13日(Thu) 07:52