fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第11回

「1942~1943」
内容
英語講座を放送しなくなったラジオから、日本軍の戦果が流れていた。
衣料品の購入に制限がかけられるだけでなく、製造にも制限がかけられ、
“雉真繊維”でも、千吉(段田安則)が、製造品目を軍服などに変更して対応。
工場の拡張を検討しはじめる。

そんななか、春休みに稔(松村北斗)が帰省すると
手紙をもらった安子(上白石萌音)は、再会を心待ちにしていた。

そして帰省した稔は、千吉から事業拡大などの話を聞かされる。
急速な拡大に不安を感じ、資金の問題もあり、稔は反対する。
すると千吉は。。。

敬称略


作、藤本有紀さん

演出、橋爪紳一朗さん



前回のラストが、1941年12月だったので。

そこからの続き。。。ということだから、1942年春。


これでもか!!

っていうくらいに、状況説明。

そして。。。そういうことである。


まぁ、“月曜”だからね。

ただ、今作の場合。“月曜”だから、他の曜日だから。。は、

あまり意味が無いかもしれません。

基本的に、時間の流れがはやく。

セリフに、状況説明を多用していますからね。

おかげで、集中力が必要な状態(笑)


とりあえず、

相変わらずの丁寧さが見える、第3週のはじまりである。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全120回〕 (第11回・2021/11/15) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第11回/第3週『1942~1943』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 英語講座を放送しなくなったラジオからは勇ましい日本軍の...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年11月15日(Mon) 14:44


連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第...

「1942~1943」内容英語講座を放送しなくなったラジオから、日本軍の戦果が流れていた。衣料品の購入に制限がかけられるだけでなく、製造にも制限がかけられ、“雉真繊維”...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年11月15日(Mon) 07:50