fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』土曜版第22週


“亮が大変なことに”そして“未知が。。。”

。。。。とサンドウィッチマンが言っているのに。


のに。。。。今週の“月金本編”だけでなく。。。。“土曜版”でも。。。

う))ん。。。。。主人公を絡ませすぎて。違和感しか無い。

むしろ、主人公が“予言者”になっている感じが強まっているね。

そう。

そもそも。“過信してはいけない”と朝岡が言っているが。

逆に、“過信している”ことを強調しすぎていて。

それがまた、主人公だから。

結果的に、“予言者”になってしまっているのである。


今作は、ずっと。。。コレを続けてしまっている。

そのため、フィクションとノンフィクションを行ったり来たりして。

リアリティが失われてしまっているのである。

もちろん、リアリティが“ドラマ”にとって、重要要素の1つなのは認めるが。

所詮、“ドラマ”って、“作り物”であり。

本質的に、“ドラマ”の面白みには、無関係なモノなのである。

だが、今作は、

都合良く、リアルに描いたり。。。。逆に、ファンタジーだったり。

あげく、“普通の人の言葉”ではあり得ない“作られたポエム”を連呼でしょ?

その瞬間、“セリフ”は“言葉”にはならず。

“セリフ”でしかなくなるのである。


それが影響していき。。。結局、どっちつかずに。。。それが実態でしょう。。

一方を楽しんでいれば、もう一方は違和感になるのだ。

迷走している印象になる理由の1つは、

キャラの迷走、ストーリー自体の迷走だけで無く。

そういう、不自然すぎる展開、演出にもあるのは、言うまでも無い。


個人的には、

“ポエム”に傾倒しすぎた脚本が、全てを崩壊させた。

と感じています。

なんかね。

序盤と比較すれば、よく分かるのだが。

話が進めば進むほど、みんな、“ポエム”してますからね(笑)

それも、前代未聞レベル。


これ。。。過去の“朝ドラ”ならば、

もっと批判的な雰囲気が、SNSを賑わしたり。

数字的にも。。。になるんだが。

今作の場合、扱っている題材が題材なので、

“批判を許さない空気”を生み出し、そういう雰囲気を抑え込んでいる感じ。

で。。。。ガス抜きの。。。“逃げ場”を用意するために、

“本題”には、特に必要なさそうな“恋バナ”部分を、

盛り上がっている雰囲気を強引に作り。。。。。

きっと、これが、今作のやり方。。。なのでしょう(苦笑)


こういうことをするから、不自然さ、不快感が。。。。。。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

姉と妹>『おかえりモネ』第17~21週

​​​​​​​​​​​もう最終回も間近ですな。第17週「わたしたちに出来ること」第18週「伝えたい守りたい」第19週「島へ」第20週「気象予報士に何ができる?」第21週「胸に秘めた...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2021年10月16日(Sat) 16:34


姉と妹>『おかえりモネ』第17~21週

​​​​​​​​​​​もう最終回も間近ですな。 第17週 「わたしたちに出来ること」 第18週 「伝えたい守りたい」 第19週 「島へ」 第20週 「気象予報士に何ができる?」 第21週 「胸に秘めた思い」 嫌いでもないけど熱もない(笑) ながら見になっちゃっている私です>スマソ …ひじゅにですが何か? ​「結局ずっと縛られてきたんだよ」​by未知 モネ:それは、あんたじゃ...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2021年10月16日(Sat) 16:33


連続テレビ小説「おかえりモネ」〔全24週〕 (第22週/土曜日版・2021/10/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第22週『嵐の気仙沼』の 『土曜日版』の感想。 ※ 本作は、9月3日、宮城県気仙沼市のロケで約11か月間の撮影が終了しました。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の感想も雲のように毎日変わります。ご理解を。 亮(永瀬 廉)は、中古だ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年10月16日(Sat) 12:28


連続テレビ小説『おかえりモネ』土曜版第2...

“亮が大変なことに”そして“未知が。。。”。。。。とサンドウィッチマンが言っているのに。のに。。。。今週の“月金本編”だけでなく。。。。“土曜版”でも。。。う))ん。。...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年10月16日(Sat) 07:59