fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』第85回

内容
悩む莉子(今田美桜)に、菜津(マイコ)は、
“傷つく必要なんて無い”と。。。。

敬称略




“傷”を連呼する登場人物たち。

どうしても、“何か”が言いたいのだろう。

なんていうか。。。制作サイドの必死さが見えた感じ。


ここからは、ほんと“ポエム”っぽいモノが連呼されていく。

きっと、今回の脚本は、文字だらけだっただろう。


まぁ、言わんとしていることは、理解するんだけどね。

ただ、なんて言ったら言えば、正確に伝わるかが、分からないのだが。

気になったのは、前半の。。。それも、莉子と菜津のやりとり。

相変わらず、わかりにくさのあるセリフだし、回りくどいし。

回りくどいだけじゃ無く。くどいし。

とはいえ。

今までの“ポエム”と比べると、分かり易さはあったとは思う。

ちなみに、今までの“ポエム”だって、否定するわけじゃ無いし。

今回だって否定するつもりは、全く無いのだが。

ただし、このふたりのやりとりで、気になった点が、いくつかある。

そもそも。このふたりで、難しいやりとりをしすぎだろ!

ってのは、とりあえず、横に置いておくが。

気になるのは、今まで描いてきたふたりのキャラとの整合性。

そらね。今作は、言うはずが無い明日美や三生にまで、“ポエム”させていた。

だから、理解出来ないわけでは無い。。。。違和感しか無いけど。

ただね。2人のキャラだけで無く。その背景なども、ほぼ描かれていない状態で。

このやりとりは、さすがに無茶が過ぎるんじゃ?

ふたりの関係性にしても、ここまでのやりとりが出てくるだろうか?

それにね。今回、連呼していた“傷”にしたところで。

その大きさも違えば、方向性なども違うわけで。

極論を言えば、菜津は、莉子の“傷”なんて、宇田川と比べたら。。。。って、

思っている可能性だってあるわけだ。

まぁ、“朝ドラ”だし、そんなことを言うはずが無いんだが。

実際、視聴者視点で考えても、

それぞれの“傷”にしても、受け取り方は、違うわけである。

で、最重要なのは、“傷”というキーワード。

ここは、“悩み”程度の言葉にすべきだったのでは?ってことだ。

難しい問題だし、“大人の事情”もあるだろう。

ただ、どうも、ふたりのやりとりが、もの凄く気になってしまった。



「どう、伝えるかです?
 人間の情処理能力には限界があるので、経験や価値観に左右される。
 人は、自分の好きな人や、なんとなく信用出来る人の話しか聞かない。」
(一部省略)

そういうことじゃ無いのかな?

受け取り方の問題。。。。。ひとそれぞれなのである。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「おかえりモネ」〔全120回〕 (第85回・2021/9/10) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おかえりモネ』(公式サイト) 第85回/第17週『わたしたちに出来ること』の感想。 ※ 本作は、9月3日、宮城県気仙沼市のロケで約11か月間の撮影が終了しました。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の感想も雲のように毎日変わります。ご理解を。 弱音を吐く莉子(...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年09月10日(Fri) 10:15


連続テレビ小説『おかえりモネ』第85回

内容悩む莉子(今田美桜)に、菜津(マイコ)は、“傷つく必要なんて無い”と。。。。敬称略“傷”を連呼する登場人物たち。どうしても、“何か”が言いたいのだろう。なんていうか...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年09月10日(Fri) 07:50