レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョシデカ!-女子刑事- 第7話 疑惑は身内へ

内容
吉井の妻・明子が犠牲となった。
本庁の木崎らの言葉にキレた、来実。。。
そんなとき、柳田管理官に連絡が入る。
上司の命令で、捜査本部を外されたのだった。
所轄では、来実の行動は英雄視されるが、
1人では捜査しないように、青木に念押しされる。
しかし、どうしても、責任を感じる来実は、
柳田を捜し当て、一緒に捜査して欲しいと頼み込むのだった。
そして、隠れてビデオを確認しはじめた2人は、
時田梨恵子の犯行現場近くの駐車場にある人物を見つけるのだった。
そのころ、釈放されたジウォンは、
華子の部屋で、父が華子に送ったと思われる黒いコートを見つける。
その事を聞いた来実は、
青木の言葉『警察官犯人説』のこともあり、
華子へ疑惑の目を向け始める。






様々な、状況証拠は
ひとりの刑事に疑惑の目が向けられていくのだった。

桜華子

そして、、、華子のすべてが語られる。。




まぁ、一応お話は進んでいる感じに見える。

が!!
よくよく考えてみれば、
名賀投資信託の時田社長の話は、
華子とジウォンの父・チョンスの話であり、

基本的には、連続殺人には関係ない可能性がある。

たしかに、第4の犠牲者は、時田の娘なんだけどね。
でも、
結果的に、

『バーン』で命の恩人の来実の言葉で、
改心した時田の『出頭』という、
なんだか良く分からないオチとはねぇ(^_^;

それでもいいんだけどね。

こうなってしまうと、


すべてが『フリダシ』にもどっています!!!

ってことは、ココ数回すべて無駄ってことです(^_^)b




ただ、良い感じで
様々なシーンの言い訳を上手く繋げたとは思います。

『偶然』『ポーカーフェイス』

この2つの言葉でね(^_^;
確かに、ココ数回この言葉、
バカみたいに『これでもか!』って使っていたんだよね


まとまっているので、
もう、これらの『華子の恋バナ』は、もう無視することにします。


どうでも思わないと、、、、辛いモノがありますね(^_^;




さて、、
完全に、1人の男だけが、明らかに怪しい。
ただし、、、、

明子事件で、来実が見たのは『女』

こうなってくると、男と女に繋がりがある可能性もありますよね。

『女』の方は、彼女しかいませんので(^_^;
コレは、数回前から、華子が犯人ではない場合を考えれば分かること。
『男』も、数回前から怪しい言葉の連発。


別に、誰が犯人でも、どういう結末でも良いんだが、
『手の数字の意味』だけは、納得できるモノを期待したいモノです。



最後の、自首は、、、、次回のためのネタフリだが、
きっと関係ないんだろう。
パターンだな、この番組の


これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。