fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

彼女はキレイだった 第6話


内容
“早く帰ってこい”と宗介(中島健人)の言葉に、覚悟を決めた愛(小芝風花)
“モスト”編集部に帰ってきた愛の以前とは大きく変わった美しい姿に、
編集部の面々を驚かせる。

そんななか、愛が考えた童話の企画が、会議にかけられ、
宗介により担当のひとりに抜擢される愛。
何度も、宗介に修正されながら、“初めての原稿”を愛は仕上げるのだった。
そして人気絵本作家“夏川ちかげ”への思いが強い愛は。。。

一方、宗介への思いが強くなる梨沙(佐久間由衣)は、
宗介が、昔の話ばかりをすることに。。。。つい。。。
そして宗介は、そんな“愛”に違和感を覚え始める。
同時に、今までの愛の態度や言葉に対して、宗介は。。。。

敬称略

脚本、三浦希紗さん

演出、松田祐輔さん


あれ?むしろ前回が、イレギュラーだったのかな???


今回は、基本的に、ふたりの恋バナを中心に据えながらも、

無理に四角関係を描くようなことをせず、四角関係っぽく描きつつ、

良い感じの“ふたりの恋バナ”に仕上げている。

細かいことだけど、このあたりの強調の案配が、かなり難しく。

描写のバランス次第で、何を描いているのかが、分からなくなるのだ。

まぁ、今作には“原作”が存在するので。

どうしても、そのあたりの紆余曲折を強調しがちなのですが(苦笑)

そこは、“原作”があろうが、無かろうが、

“恋バナ”なら、普通にあることだしね。

とはいえ。

総和数を考えれば、紆余曲折が足を引っ張りかねませんし。

個人的には、今回くらいがちょうど良い。。。と思っています。

展開として四角関係であっても、描いていること自体はふたり。。。ってことだ。


これで、あとは、最終回へ向かうだけ。。。ってところかな。

良い感じで修正をしているので、

次回から、上手く盛り上げてくれると、期待したいです。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼女はキレイだった 第6話

愛(小芝風花)は「早く帰って来い」という宗介(中島健人)の言葉で、編集部へ戻ることを決めます。 梨沙(佐久間由衣)のアドバイスで、ファッションもメイクも洗練されて、別人のようになった愛の姿に編集部のメンバーは驚きます。 早速、愛が提案した童話企画について編集会議が行われます。 愛はコラムの執筆を10年前に引退した人気絵本作家に依頼したいと申し出ます。 作品への思い入れが強い愛は、何と...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2021年08月18日(Wed) 10:46


彼女はキレイだった (第6話・2021/8/17) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『彼女はキレイだった』(公式サイト) 第6話『混乱する記憶と四角関係! 雨の中の告白』の感想。 なお、原作である韓国製ドラマ『彼女はキレイだった』(韓国「MBC」製作、脚本:チョ・ソンヒ)は、未見。 愛(小芝風花)が考えた童話企画について編集会議が行われ、愛は10年前に引退した元絵本作家・夏川へのコラム執筆の依頼を提案。交渉したいと食い下がる愛...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年08月18日(Wed) 07:56


彼女はキレイだった 第6話

内容“早く帰ってこい”と宗介(中島健人)の言葉に、覚悟を決めた愛(小芝風花)“モスト”編集部に帰ってきた愛の以前とは大きく変わった美しい姿に、編集部の面々を驚かせる。そ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年08月17日(Tue) 21:55