fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

彼女はキレイだった 第5話



内容
宗介(中島健人)の優しさに触れた愛(小芝風花)は、宗介のことを見直し、
思わず“事実”を打ち明けようとするが、樋口(赤楚衛二)が現れ。。。

そして、宗介も愛のことを、徐々に認めるように。。。。

一方、雑誌に名前が掲載され、愛もまた仕事が認められたと実感していた。

そのころ、樋口は、宗介と愛の関係の変化を見て、
梨沙(佐久間由衣)に、愛の同僚であることなどを打ち明け、アドバイスをする。

そんななか、有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われることになるが。。。

敬称略


脚本、清水友佳子さん

演出、木下高男さん




そもそも、初期設定からの恋バナにしたところで、

見せ方がイマイチの部分があったので、

面白みに欠けていたのだ。

もうちょっと、上手くやっていれば、楽しめる。。。というレベルだったけど。

それでも、1対1のラブコメになりつつあったのに。

そんななかで、中途半端な描写だった四角関係を、

無理矢理に動かしたところで、違和感しか抱かないだろうに。

なのに、なぜ、わざわざ、そういう方向に戻そうとするかなぁ。。。。。




関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼女はキレイだった 第5話「まさかの解雇!?運命の決断と涙の理由」

予想通り、ついに出ましたね。待望の、ヒロインの起死回生。ある日、突然、変身!して周囲を驚かせる、展開っ! キラリンそもそも、彼女へのイケズが発端。ミスが許されない現場で、同僚の愛が、ドレスを… 責任を感じた彼女は、去る決心をしてたのですが、ふとしたことから、再奮起を決意して…今や、国際的な話題作。「まほチェリ」でも評判になった、子犬系・イケメン。赤楚衛二、演じる樋口の演技力も話題だそう。小道...
[続きを読む]

のほほん便り | 2021年08月12日(Thu) 05:49


彼女はキレイだった 第5話

愛(小芝風花)のアイデアが採用された特集記事の見本誌が完成しました。 スタッフ欄には愛の名前も記載されていて、愛は編集部の一員として認められたような気がして喜びます。 しかし、雑誌の売り上げはライバル誌に大きく離されて、立て直しを任された宗介(中島健人)は窮地に立たされます。 一方、拓也(赤楚衛二)は出張をきっかけに愛と宗介の距離が縮まったことに気をもみます。 折角、出張先まで行って...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2021年08月11日(Wed) 11:06


彼女はキレイだった (第5話・2021/8/10) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『彼女はキレイだった』(公式サイト) 第5話『さかの解雇!? 運命の決断と涙の理由』の感想。 なお、原作である韓国製ドラマ『彼女はキレイだった』(韓国「MBC」製作、脚本:チョ・ソンヒ)は、未見。 自分の案が採用された特集記事の掲載誌を見た愛(小芝風花)は、スタッフ欄に自身の名前を見つけて喜ぶ。だが、売り上げは他誌に遠く及ばず、宗介(中島健人)...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年08月11日(Wed) 08:20


彼女はキレイだった 第5話「まさかの解雇!?運命の決断と涙の理由」

予想通り、ついに出ましたね。待望の、ヒロインの起死回生。ある日、突然、変身!して周囲を驚かせる、展開っ! キラリン今や、国際的な話題作。「まほチェリ」でも評判になった、子犬系・イケメン。赤楚衛二、演じる樋口の演技力も話題だそう。小道具の、中島健人、演じる宗介の、“泣き顔タマネギ”も、なかなかのインパクト! 洒落ているし、ユーモラス。個人的には、編集長・池沢蘭子役の、LiLiCoにウケてます。...
[続きを読む]

のほほん便り | 2021年08月11日(Wed) 06:06


彼女はキレイだった 第5話

内容宗介(中島健人)の優しさに触れた愛(小芝風花)は、宗介のことを見直し、思わず“事実”を打ち明けようとするが、樋口(赤楚衛二)が現れ。。。そして、宗介も愛のことを、徐...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年08月10日(Tue) 21:53