レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~ 第7話 家族のキャッチボール

内容
真澄と志摩子は、豪勢にランチをしていた。
意気投合の2人。
そして、ついに我慢しきれず志摩子から、まさかの告白が。。。。。。
そんなことが起きているとも知らない大輔は、
川瀬にタンカを切ってしまったことに落ち込む。
そんなとき、時田に、元妻から連絡が入る。
弁護士と再婚するから、子供に会うなと。
腹が立った時田は、大輔の携帯から真澄と理英の写真を送り、
自分も再婚するからと返信!!!
翌日、時田の息子・元気が、時田の会社を訪ねてくる。
会えないと思っていたため大喜びの時田。
でも、急な仕事が入った時田は、
大輔に息子を預かってもらうのだった。
元気を家に連れ帰った大輔。
その時、元気は父・時田のメールがウソだと気付く。。。







今回、もの凄い『オモシロ攻撃』だったなぁ

いきなりの、
志摩子『実は、私ね。。。。。
から始まる、大きな出来事。

ついに志摩子から、真澄に大輔の元カノだったことを告白!!!!

このいきなりのネタフリで、
序盤は、真澄VS大輔、、、、、
イヤ、真澄からの攻撃ばかり受ける大輔は、

かなり面白かった!

そして、理英の家庭教師として比奈子登場で、

真澄『ウソついた、お仕置きしてやる!!


次からは、真澄様と呼ぶべきかもしれませんね(^_^)b

真澄『あなたさ、この前私に隠し事無いって言ったわよね
   本当にないの?スワニー!!

大輔が、本当にカワイそうになった瞬間でした(;´_`;)


そんな、大盛り上がりのオモシロの中に、
細かく時田を絡めてのネタフリして
後半の『シリアス』へと続かせた。


後半は、
親子の『言葉のないキャッチボール』

ベタだけど、良い展開だったと思います。

大輔『父親が2人いるならそれでいいじゃないですか
   2人から愛されればいい
   愛された記憶が人を支え続けていくんです
   コレから離ればなれになったとしても、
   元気くんに刻まれた思い出は
   支えていくんです。

そして。。

時田『元気、なにこれ見よがしにそんなモノ持ってるんだ

時田らしい言葉ですね(^_^)b

まぁ、その後の息子へのアドバイスも、時田ワールドでしたね






序盤で大笑いした後、後半のシリアス
見事なコントラストで、かなり面白かったと思います



今回、良い感じに思わせたのは
絢菜と大輔の関係の表現をアッサリ目にしていること。
川瀬と絢菜の関係を、川瀬の立場で描きはじめていること。

今までよりも、無駄を省き
ストレートに必要なところだけ描いた感じですね。

だから、逆に
それらが、ドラマの『本筋』であることを意識させることに成功している。


それだけでなく、今回、面白いことがもう一つ。
セリフの絶妙さは、言うまでもないのだが、
カットの転換で、『良い感じのつなぎ』を使っていること。

それだけで、一瞬惹き付けられる面白さを演出していた。


ドラマとしても、オモシロとしても
珠玉の味わいを感じた今回でした。


ココまで大笑いしたドラマ久々でした(^_^)b


それにしても、ほんとに良い感じで
志摩子を中心にして、上手くつなぎ合わせはじめていますよね。


これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。