fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』土曜版第10週



結局のところ、

一応。。。上京から、採用まで描いていたわけだが。


“気象”がどうだとか。“テレビ番組”がどうだとか。

正直、そんな“些細なこと”よりも。

主人公が入ろうとしている会社が、ブラック企業であることしか、

印象に残らなかった感じかな。


実際、“気象”が。。。と言ったところで。

これまでの話からすると、違和感のある部分が多かったし。

“テレビ局”“テレビ番組”“気象コーナー”に至っては、

“気象”でなくても成立するコトであり。

わざわざ、今作で描く必要性は無い。

ただし。

主人公が“お天気お姉さん”を目指しているならば、

これで、良いとは思いますが(笑)


でもね。

あれだけ、“あの日”を絡ませたり。

あれだけ、“森林組合”のこと。。“山”のことを描いたり。

あれだけ、“故郷”のこと。。。。“海”のことを描いたり

。。。してきたにも関わらず。

たとえ、“情報を伝えたい”と言うことであったとしても。

“気象予報士”でなくても出来ることを、わざわざ描く必要性は、どこにもない。


そういうことだ。


最終的に

“私が守りたいのは、自分の大切な人”

だからね。。。。

もう、完全に、気象予報士でなくても、良いよね。。。。(苦笑)

きっと。。。“描いた”と思っている“気象考証”の人や、関係者は、

これで、満足なんだろうけど。


正直、違和感しか無い。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「おかえりモネ」 (第10週/土曜日版・2021/7/24) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第10週『気象予報は誰のため?』の 『土曜日版』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 気象予報士の資格を取った百音(清原果耶)は、晴れて上京する。気象情報会社の採用面接を前に、百音が下見で会社を訪れると、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年07月24日(Sat) 11:25


連続テレビ小説『おかえりモネ』土曜版第1...

結局のところ、一応。。。上京から、採用まで描いていたわけだが。“気象”がどうだとか。“テレビ番組”がどうだとか。正直、そんな“些細なこと”よりも。主人公が入ろうとしてい...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年07月24日(Sat) 07:47