fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』第46回

「気象予報は誰のため?」
内容
2016年4月。
東京にやって来た百音(清原果耶)。
祖父・龍己の知り合いに紹介してもらった下宿先へと向かった。
外観は“汐見湯”という銭湯だが、中は生活が出来るようにリノベーション済み、
シェアハウスになっていると大家の井上菜津(マイコ)から説明を受ける。
その後、明日の採用面接のため、下見で気象会社を訪れた百音。
そこで野坂(森田望智)と内田(清水尋也)に遭遇し。。。

敬称略


作、安達奈緒子さん

演出、梶原登城さん


いきなり、ポエムから始まった今回。

だ・か・ら。

ポエムを繰り返し流して、何の意味があるんだよ(苦笑)


そこはともかく。

ほぼ予告と同じですね。新キャラの紹介である。

紹介なので、内容らしい内容は無い。

印象としては、

強引に展開しているなぁ。。。。って感じかな。

“ドラマ”らしいって言えば、そういうことになるだろうが。


興味を抱けってのが、無茶な話である。

元々、今作が、曖昧な内容、展開にして、

そういう描写ばかりにしているから、

違和感満載だしね!!


そんな状態で、強引な始まりだった今回。

う===ん。。。。“東京編”

どうやって、興味を持続すれば良いのかな????



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「おかえりモネ」 (第46回・2021/7/19) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おかえりモネ』(公式サイト) 第46回/第10週『気象予報は誰のため?』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 ついに上京した百音(清原果耶)は、下宿先の大家・井上菜津(マイコ)に温かく迎えられる。銭湯をリノベーションしたシェアハ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年07月19日(Mon) 12:45


連続テレビ小説『おかえりモネ』第46回

「気象予報は誰のため?」内容2016年4月。東京にやって来た百音(清原果耶)。祖父・龍己の知り合いに紹介してもらった下宿先へと向かった。外観は“汐見湯”という銭湯だが、...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年07月19日(Mon) 07:54