レベル999のFC2部屋

浅草・ふくまる旅館(2) 第8話 真実

内容
百瀬から意外な言葉を大吉は聞いてしまう。
娘・圭子と大吉の息子・良夫を結婚させたいと。。。。
そんなサプライズがあったころ、
ふくまる旅館に、様子がおかしい女性が逗留していた。
そんなとき、女性を訪ねて男が来る。。
その男・榎木戸にワケを聞くと、
女性・来宮晴海は、小学校の教師で、
無理難題を言う親に嫌気をさして、教師を辞めたという。
説得のために、同僚の榎木戸は来たのだった。
しかし拒否する晴海。
そこで、大吉は試みるも、それでも拒否する。
そんな晴海は小料理屋『多恵』で仕事が出来ることに。

数日後。ひとりの小学生が晴海を訪ねてくる。





まぁ結局は、
クレーマーママから逃げた晴海を
大吉のお節介で、子供達の応援できっかけをもらう。。。

大吉『学校は誰のモノですか?
   生徒さんや、先生のモノですよ


最後には、生徒たちの応援で涙の展開。


ベタだけど良い感じだったと思いますよ。
クレーマーママを出したのが、一番良かったかな。

晴海たち教師の言葉だけでは、
分かり難いからね(^_^)b


『逃げちゃダメだ』と気付いた大吉は。。。。
と。
今回のメインテーマの『真実の告白』へ



大吉『良夫がな
   生まれた時のことなんだけど
   かあさんな父さんと一緒になる前に
   結婚の約束をしていた人がいてさ
   その人の赤ちゃんを身ごもったんだよ
   その赤ちゃんが、この世に生まれ出る前に
   その結婚しようと思っていたヒトが、
   交通事故で亡くなっちゃったんだよ
良夫『じゃあオレは。
   オレは。その人の子供?
大吉(うん)
良夫『お父さんは、それを知ってて、お母さんと結婚したの?
大吉(うん)

はな『良夫、大ちゃんはさ、
   あやめのこと、あんたの母さんのこと、
   本当に愛してたんだよ


ついに、すべてを告白。
分かってはいても、感動してしまった。

まぁ、終わったワケじゃなく、次回に続くだけどね


わたし的には、木の実ナナさんが、登場するかどうかが
一番気になるところですね(^_^)b


これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト