レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタチの恋人 第7話 あやまちの代償

内容
ついに、森山リュウではないことが
ユリにバレてしまった、井上圭祐。
ユリは、『軽蔑します』と言い残し立ち去る。
圭祐は、謝罪しようにも、全く連絡が取れなくなってしまった。
有給休暇をとり、
東京に出てきた圭祐は、
由紀夫に相談し、恋桜のモデルの話をする。
その事を伝え聞いたユリは、
自分の母・絵里が、モデルなのではと疑いはじめるのだった。

どうして良いか分からない圭祐は、
風ちゃんの部屋で、謝罪のメールを下書きしていたのだが。。。。。






ついに明かされた、恋愛三部作最後の一部。

第一部 エリーとの恋
第二部 小百合との恋
第三部 青春の過ち

ですか?

小百合と結婚する前、つい過ちを犯していた圭祐。
その事が、頭をよぎった瞬間、

『まさか』が生まれた。

ホント良かった。
阪神の話していたから、どうしても計算が合わなかった。

コレで、キッチリ清算(^_^)b




それはさておき。
今回、、、、長かったなぁ。ほんと。

もう少しテンポ良くしても良いのに、
由紀夫から伝わっていくという、遠回り(^_^;


そのうえ、
風ちゃんも絡んで、大騒ぎだから。。。

無駄』と言ってしまえば、それまでだが、
それだけ『大きな溝』を
『ウソ』をついたことによって生み出された。

と言う方が良いのかもしれません。
一応、圭祐は、悩んでいましたし。

それに、オモシロも中島、風ちゃん担当でしたからね

この2人が、
全体のダラダラ感を少し救ってくれた感じですね(^_^)b


1つ良かったことは、
ユリが、記憶から、すべての真相に気付いていったことでしょうか。


次回ついに登場ですから、
本当に、良い感じのまとまりになってくれることを期待したいと思います。




これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。