レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山 第47話 決戦前夜

内容
小田原城包囲の中。
景虎は、関東管領・上杉政虎となった。
だが、成田長泰が下馬しなかったことに、キレた政虎はむち打つ。
そのことで、成田は忍城に兵を引き揚げさせ、
それに呼応するように、多くの武将が兵を退きはじめる。
そして、成田の妻・伊勢に無知をたしなめられ叱責を受ける政虎。
そんなとき、武田の上杉領攻めが行われ、一部の城は落城。
政虎は、撤退を余儀なくされる。






さて、、『決戦前夜』ということで
その直前の、あれこれを描いていたわけですが。

関東攻めの失敗を、
しっかりと表現したのは良いことだったろう

前回の中途半端さでは、
ホント意味不明だったからね(^_^;


まぁ
結局、送り届けたのかどうか
その後の成田家との関係は、描かずじまい。

なら。。。。。
宇佐美からの叱責でも良かった気がしますが(^_^;

って、、、それ言っちゃオシマイか。




あとは、、、、『時間稼ぎ』かな?

伝兵衛、葉月のこと
勘助、リツ、香坂弾正のこと。

それなりに『オモシロ』ではあったけど。


ついでに、、、氏康の舞も(^_^;

コレは、オマケだな。



とは言っても
香坂『人を慈しむ心、それこそが山本様の奥義と心得てござりまする。

とか

桃姫『そなたが真に慈愛を持てば越後の皆々にとって、。。。

とか、
『慈愛』を強調してるんだが、

それは、勘助と政虎の対比と捉えても良いだろうが、

でもね。。。。。

伊勢、桃姫から、
あれこれ言われて、『反省』したはずの政虎なのに、

政虎『我こそが、毘沙門天なり。

ですか?????




政虎を基本として、話の流れを捕らえた場合。
全く話が繋がっていないんですけど(-.-#)b



結局、自分のことを『神』って言ってますよ!!!

もちろん
以前にも出てきた『政虎のセリフ』を、
そのまま、流用しているのは分かる。


が、、、、、

桃姫『そなたは少し変わられたようですね
   如何に軍神といえど、怒りだけでは戦えまい
   そこに慈愛がなければ


この言葉が、
むなしく聞こえてくるほどの、『政虎の変化の無さ』


政虎、何も変わってないやん!!

そう思ってしまった。
政虎『守護として。。。
っていうのは理解できるんだが、
何か、足りない感じがするんですが?



そうでなくても、ダラダラとお話が流れているのに。。。
もう、、、、意味不明ですm(__)m



追記2度見

まぁ。それほど印象も変わらず。
結局、『終わりのための結末をばらまいた』
それだけにしか過ぎないのかもしれません。

わざわざ『数年後』というナレーションを入れていましたし。。

それにしても、政虎。
連続性を感じないのは、
やはり、政虎を見ている人間に連続性がないからだと思います。

もしも、桃姫との会話に、宇佐美がいれば。。。。。
そんな感じ。

どうも、理解に苦しむ展開だなぁ。。
桃姫までは、『普通』だったのに。

最後の、、『毘沙門天』がなぁ。。。
どう考えても、結局『神』だし。


どちらにしても、
最終決戦前に、あれもこれも結末を入れたと言うことだな。



これまでの感想
第46話 
第45話 第44話 第43話 第42話その2 第42話その1 第41話 
第40話その2 第40話その1 第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話その2 第35話その1 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話
第25話その2 第25話その1 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話


関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。