fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』第23回



内容
広葉樹の利用を考えていた百音(清原果耶)は、
小学校に行く機会があり、学童机を作ることを思いつく。
佐々木(浜野謙太)川久保(でんでん)らも乗り気で、
調べると可能性があると分かる。サヤカ(夏木マリ)も理解を示す。
早速、熊谷(山本良)ら作業員の協力を得て、サンプルを作ることに。

敬称略


おいおい。。。

作業員も、“天気”を口にするのかい!

もちろん、何も間違っていないことだし。

“プロ”なんだから、正しい表現だとは思います。

重要なのは、“山の天気は変わりやすい”ということもあるが。

“谷”という地形を説明したこと。

そして、“今現在は晴れている”ということだろう。

シッカリと“説明”をしているので、理解しやすいし。

“プロ”が“天気”を気にしていることが分かります。

これは、先日まで連呼していた主人公の祖父・龍己と同じだ。

結果的に、“天気”が、どうなったか?は、気になるところ。

せめて、お勉強中。。。雨なら良かったのに。。。

まあ、場所によって違うから、仕方ないだろうが。

流れが良かっただけに、“答え”は、見せて欲しかったところだ。


とりあえず、勉強する姿が表現されたのは、良かったと思います。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「おかえりモネ」 (第23回・2021/6/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おかえりモネ』(公式サイト) 第23回/第5週『勉強はじめました』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 小学校で新商品のヒントを得た百音(清原果耶)は広葉樹で学童机を作ってはどうか、と森林組合の仲間たちに提案する。川久保(でんで...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年06月16日(Wed) 13:12


連続テレビ小説『おかえりモネ』第23回

内容広葉樹の利用を考えていた百音(清原果耶)は、小学校に行く機会があり、学童机を作ることを思いつく。佐々木(浜野謙太)川久保(でんでん)らも乗り気で、調べると可能性があ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年06月16日(Wed) 07:50