fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

イチケイのカラス 第11話(最終回)



内容
入間(竹野内豊)が、弁護士の青山瑞希(板谷由夏)と癒着し、
無罪判決を出しているという告発記事が、週刊誌に掲載され、大騒ぎに。

直後、日高(草刈民代)に呼び出されたる入間。
地裁裁判官の任期は10年。ほぼ再任されるが、問題のある裁判官は。。。と。

気になった坂間(黒木華)が尋ねても、誤魔化されてしまう。
それでも、どうしても。。。と官舎を訪ねると。
おい・道彦(武井壮)、めい・柳沢美知恵(筧美和子)の姿が。
もう一度、尋ねても、隠していることは無いの一点張り。

が、ついに理由が判明し、坂間たちは、入間を問いただす。
任期終了まで3週間。再任を実質的に決定するのが、
入間と因縁のある最高裁事務総長の香田健一郎(石丸謙二郎)だった。
坂間、駒沢(小日向文世)は、週刊誌の記事に“大きな力”が働いていると推測。

そんななか、入間は、重過失致死傷事件を担当。
いつも通り、捜査をしていた。

被告人は大学生の笹岡庸介(菅原健)
深夜、自転車競技大会の自主練中に、左側通行を守らず、人身事故。
7歳の向井愛が意識不明になっていた。
被告は、現場に工事用のフェンスがあり、右側通行になったと主張。
しかし検察の調べでは、工事記録は見つからなかった。

そこで、入間は、坂間たちの協力を得て、現場検証を行い。
工事が行われていれば、被告の主張どおりだと判明する。
そして、坂間が担当する、大型商業施設絡みの地下鉄工事の崩落事故案件との
関連性がある可能性が浮上する。現場で、秘密裏に工事が行われていたと。
違法な過重労働で、事故が起きた可能性が。

入間は、自転車事故の案件と、工事現場の崩落事故の案件を、
併合して審理することを決める。
大型商業施設には、代議士・安斎高臣(佐々木蔵之介)が絡んでいたが。。。

併合審理の一日目。地下鉄工事の業務上過失事件には、
弁護士会の大物・江原諭(橋本さとし)という難敵で。。。

敬称略


脚本、浜田秀哉さん

演出、星野和成さん



今回は、ミキ

。。。最終回だから、もっとお祭り騒ぎをすると思ったのに。。。(笑)


そこはともかく。

ついに、最終回!である。


総括気味で。

“月9”が。。。なんていうのもあるだろうが。

実は、今作が凄いのは、そんな些細なことでは無い。

そもそも、“月9”でも、法廷を扱う作品や、

今作のような一種の探偵物のような作品は、いくつも存在するのだ。

が、重要なのは、

今作が、まるで“2サス”の“法定モノ”と同じカタチをとっていることなのだ。

主人公の入間が、特徴的なことや、捜査権発動などは、

ほぼ演出上のことでアリ。“ドラマ”としては、“普通”のこと。

そう。今作は、同種のドラマのように奇を衒うようなコトをすることなく。

至極、“普通”に描いているだけなのである。

ハッキリ言って、ここまでの“普通”は、かなり珍しい。

そのうえ、内容的に、捻りもあるので、難解に見える部分もあるというのに。

ある程度、わかりやすく、かみ砕いた表現にして、

一種の勧善懲悪でありながらも、人情モノとしても作り込まれていて、

脚本、演出が、作り込まれているのが、ホントによく分かる作品である。

そして、それに応える俳優たち。

ほんとに、見事な作品だったと思います。


実際、奇を衒うと、面白いし。次も見たいと思うけど。

同時に、強調しすぎて、ワンパターンの印象も強くなり、

飽きるのも早くなりますし。

今作くらいが、ちょうど良いです。

俳優のバランスの良さも、ゲストも含め、絶妙。

演出の部分、キャスティングの絶妙さは、

今作を一部のファン向けでは無く、万人向けにしているといえるでしょう。



まあ。。。あとは、ネタ次第。そして脚本次第だろうが。

俳優さえそろえることさえ出来れば、

“続編”“SP”は、確定的だと言えるでしょう。

個人的に。

“~ロス”なんてことになることは、ほぼありませんが。

今作に限っては、早く、“次”が見たいと思います。

出来れば、“2クール”で挑戦してもらいたいです。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イチケイのカラス 最終回「型破り裁判官最後の裁判!?真実を翻ろうする黒幕…さよなら、入間みちお」

原作は浅見理都さんの同名マンガ。なかなか、イイ感じで展開。竹野内豊の、ちょっとユーモラスで温かい部分と、演技派・黒木華の、初々しさと、その成長を描いて、なかなかに、上々のフィニッシュでは無かったでしょうか?生真面目な、山崎育三郎も、なかなか… でした。草刈民湯に、小日向文世と、贅沢キャスティング。しかし、入間(竹野内豊)の前に立ちはだかる、“政界の有力者”役が、佐々木蔵之介とは!月9としては...
[続きを読む]

のほほん便り | 2021年06月15日(Tue) 17:16


イチケイのカラス 最終話

裁判官の任期は10年で、殆どが再任となる中、みちお(竹野内豊)が青山(板谷由夏)と癒着して、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載されます。 再任を実質的に決定するのは、みちおと因縁がある香田(石丸謙二郎)が事務総長を務める最高裁判所事務総局でした。 みちおの任期終了まで残り3週間となりますが、千鶴(黒木華)や駒沢(小日向文世)は、ゴシップ記事の裏で、政治絡みでみちおに関わらせ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2021年06月15日(Tue) 11:42


イチケイのカラス (第11話/最終回30分拡大・2021/6/14) 感想

フジテレビ系・月9『イチケイのカラス』(公式サイト) 第11話/最終回30分拡大『型破り裁判官最後の裁判!? 真実を翻ろうする黒幕… さよなら、入間みちお』の感想。 なお、原作の漫画、漫画・浅見理都『イチケイのカラス』は、全4巻を既読。 また、本作は今年3月末、既にクランクアップ(撮影終了)しているため、要望などは基本的に書きません。 日高(草刈民代)がみちお(竹野内豊)を呼び出し、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年06月15日(Tue) 09:32


イチケイのカラス第11話(最終回)

内容入間(竹野内豊)が、弁護士の青山瑞希(板谷由夏)と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が、週刊誌に掲載され、大騒ぎに。直後、日高(草刈民代)に呼び出されたる入...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年06月14日(Mon) 22:44