fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』第11回


「故郷の海へ」
内容
仮称予報士というモノに興味を抱いた百音(清原果耶)は、勉強を始める

2014年7月
サヤカ(夏木マリ)に見送られて、百音は。。。

敬称略

作、安達奈緒子さん

演出、梶原登城さん


細かいことを気にしなければ、

普通に、、、日常を描いている。

細かいところを、それなりに説明して欲しい。。。。と思いますけどね!!

菅波や、サヤカ。。そして町の人とのやりとりに時間を割くならば。

もちろん、描くなと言うのでは無い。

だからこその、ナレーションじゃ?と思っているからである。

ほんとに、どうでも良いことであっても。

何か、引っかかる部分があれば、気になってしまうのが、普通のこと。

そういうことである。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「おかえりモネ」 (第11回・2021/5/31) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おかえりモネ』(公式サイト) 第11回/第3週『故郷の海へ』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 山で豪雨に見舞われたことをきっかけに、気象予報士の資格に興味を持った百音(清原果耶)。さっそく専門書を買って天気の勉強をはじめるが...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年05月31日(Mon) 11:20


連続テレビ小説『おかえりモネ』第11回

「故郷の海へ」内容仮称予報士というモノに興味を抱いた百音(清原果耶)は、勉強を始める2014年7月サヤカ(夏木マリ)に見送られて、百音は。。。敬称略作、安達奈緒子さん演...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年05月31日(Mon) 07:51