レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコの子育て 第5話 将来の夢

内容
丸山から『将来の夢』をテーマに作文を書くように言われたが、
どうしても、思いつかない凛子。
一週間の猶予をもらって、書いてくることに決まる。
それを聞いた、父・篤は『適当で良いと』いうが、
弥生は、大反対。
でも、逆に夢を聞かれた弥生も、思い出せずにいた。
中西から職業の本を借り考えるが、
篤の話を聞いていると、どうもまとまらない。

そのころ、弥生は店のことで悩んでいた。
大きすぎる杏子。それが重荷となっていた。
そのうえ、近くにライバル店が開店。
そんなとき、
弥生は母からタイムカプセルのことを聞がされ、思い出す。








見つかったタイムカプセル。

私の夢
『きっと自分のお店を持つ』


篤『なーんだ、夢叶ってんじゃん
  良かったな

驚くとともに、何かを考える弥生。

そして
篤『夢なんて、人と比べたりするもんじゃない
  自分にとって大切なものならそれでいいんだよ
  でも、どうせならデッカい夢を持つのも良い
  
  
その結果、作文が。。。

凛子『私の夢は、世界征服することです
   本当の夢が見つかるまでは、一番大きい夢にしておこうと思って



さすが、篤の子供です(^_^)b



さて今回、『将来の夢』がテーマ。

夢を実現した人 みさよ(青山倫子さん)を
登場させながら、

何を『夢』にして良いか悩む、凛子
夢を忘れ、現実に悩む弥生。

この2人を良い感じで絡めながら描いた感じ。


まぁ、結局
丸山『ナゼ、探そうと思ったんですか
篤『おもしろいから

でしたけどね(^_^;



でももしかしたら、
『何か』を感づいていたのかもしれませんね。
きっと『カン』は良い方だと思いますから(^_^;



弥生の店の話って、以前から無駄だなぁと思っていましたが、
でも、『夢』を絡めながら、
新しい『展開』を考える弥生に、持って行ったのは、
かなり良いアイデアですね。

それによって、店の売り上げが上がるかどうかは別として、
子供の話を良い感じで重ねましたから(^_^)b



ただ、
全体的にシリアスな話で、篤のオバカは少なめ。
そのうえ、
中西パパ、ママに襲われる丸山が、
オモシロの位置を占めてしまっていますので、

ドラマ全体のオモシロテンションは、
少しシュールな内容になってしまっている。

篤の分かりやすさも面白いが、
そこがポイントの『ドラマ』『展開』だと思っていただけに、
この方向でのオモシロ展開は、少し疑問が残ります
。。

まぁ、ジワジワ来る面白さはあるんだけどね(^_^;
全体のテンポも良かったし。。。



それにしても。。
だんだん、良いパパになってきていますね(^_^)b

これまでの感想

第4話 第3話 第2話 第1話

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。