fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』第7回


内容
突然、百音(清原果耶)を連れ戻したいと父・耕治(内野聖陽)が現れた。
翌日、娘との時間を過ごすことが出来ると思っていた耕治だが、仕事だという。
サヤカ(夏木マリ)によると、林間学校の小学生たちの面倒を見ると言うこと。
サヤカに促され、耕治は、百音の仕事ぶりを見学することに。

子供たちの勢いに圧倒されながらも、笑顔で働く百音の姿に、耕治は感心する。
そして、百音が島を出たいと言った日のことを思い出し。。。

敬称略


先週の森林セラピーと同じで、主人公の仕事ぶりを表現。

ま。。。“日常”である。

それと同時に、父を絡ませ、間接的に実家も絡ませて、

ちょうど良い感じのバランスのホームドラマに仕上がっている。

最終的に。。。笛ですからね。

極端なことを言えば、前回のフラグ。。。音楽を絡めていると言えるし。

きっと、“過去”も。。。そして、“未来”にも繋がるような要素だろう。

ちょっと、やり過ぎのような気もしないわけでは無いが。

“ドラマ”って、こういうモノでしょうから、問題なし。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「おかえりモネ」 (第7回・2021/5/25) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おかえりモネ』(公式サイト) 第7回/第2週『いのちを守る仕事です』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 耕治が登米へやってきた翌日、林間学校の小学生たちが森林組合を訪れる。サヤカ(夏木マリ)の計らいで、耕治(内野聖陽)は百音(...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年05月25日(Tue) 10:13


連続テレビ小説『おかえりモネ』第7回

内容突然、百音(清原果耶)を連れ戻したいと父・耕治(内野聖陽)が現れた。翌日、娘との時間を過ごすことが出来ると思っていた耕治だが、仕事だという。サヤカ(夏木マリ)による...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年05月25日(Tue) 07:50