fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜ドラマ『ネメシス』第7話



内容
栗田(江口洋介)風真(櫻井翔)は、神田凪沙(真木よう子)に対して、
条件付きで依頼を引き受けることを伝えた。

凪沙の依頼は、烏丸(宇野祥平)の正体を調べることだった。
早速、栗田、風真は、アンナ(広瀬すず)とともに調査を開始。

風真は、アンナを連れ、緋邑晶(南野陽子)のもとへと。。。

敬称略


脚本、片岡翔さん、入江悠さん

脚本協力、講談社タイガ、青崎有吾さん

監督、岸塚祐季さん



“縦軸”の物語へ。。。ってコトなのだろうが。

今回のエピソードだけを見れば、無くても成立するだろう。

で、

もっと、問題なのは、

今回だけで無く。今までのエピソードも、無くても成立する可能性が高いことだ。

そらね。

“仲間”の顔見せという意味では、正しい見せ方だと思いますが。

じゃ、必要だったか?と言われれば、

前回以外は、不必要でしょう。

ってか。

もしも、今回のラストような展開を前提に考えるならば。

“縦軸”を無理に絡めるような、今までのエピソードよりも。

主人公・アンナの凄さを見せて、魅せるほうを優先すべきだっただろうに。

例えば、“チーム・ネメシス”にしたところで。

すべてを網羅する“優秀な助手”を1人だけ配置すれば良いだけの話。

いや、それどころか、

道化役の風真は、ともかくとして。

凄さを見せたいならば、“チーム・ネメシス”の仕事を、

アンナ1人で行えば良かっただけの話なのである。

で、思わせぶりな演出や、“縦軸”を強引に混ぜずに、

あんなの凄さを見せる。

ただ、それだけのことだったんじゃ?

きっと、それだけのことで、

今作は楽しめる作品になった可能性が高いと思っています。


。。。。“大人の事情”があるだろうから、仕方ないんだろうけどね。。。


今回のエピソードを見て、

今まで以上に残念さを感じるとともに、

今までのエピソードの残念さを、再確認した感じである。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネメシス 第7話

今回の依頼者は、神田凪沙(真木よう子)です。 彼女が追っていた人体実験の真相を、タジミンを使って揉み消させたコンサル会社社長・烏丸(宇野祥平)の正体を探ってほしいと言うものでした。 烏丸とカンケンの黒い繋がりを確信した栗田(江口洋介)は、「アンナ(広瀬すず)に20年前の事件について一切しゃべらないこと」を条件に、凪沙の依頼を引き受けるのでした。 早速、烏丸を尾行して写真を撮りまくる尚希...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2021年05月24日(Mon) 13:38


ネメシス〔全10回〕 (第7話・2021/5/23) 感想

日本テレビ系・日曜ドラマ『ネメシス』(公式サイト) 第7話〔全10回〕『嘘と裏切り』の感想。 凪沙(真木よう子)の依頼で、不審死事件隠蔽に関わった会社の代表・烏丸(宇野祥平)を調べ始める風真(櫻井翔)ら。だが、ボディーガードの志葉(板橋駿谷)がおり、近づけない。そこで風真の‘師匠’という奇術師・緋邑(南野陽子)に協力を頼み、烏丸のスマートフォンのデータを奪う計画を進める。そんな中、ア...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年05月24日(Mon) 08:03


日曜ドラマ『ネメシス』第7話

内容栗田(江口洋介)風真(櫻井翔)は、神田凪沙(真木よう子)に対して、条件付きで依頼を引き受けることを伝えた。凪沙の依頼は、烏丸(宇野祥平)の正体を調べることだった。早...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年05月23日(Sun) 23:56