fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おかえりモネ』第2回


内容
2014年5月。
百音(清原果耶)は、サヤカ(夏木マリ)から、
樹齢300年のヒバの木を案内される。その姿に圧倒されるだけで無く。
サヤカの説明に百音は感銘を受ける。

一方で、森林組合の佐々木(浜野謙太)から週末に能の定例会が開かれると知る。
ただ、天気予報は、雨。佐々木は、残念がっていた。
その佐々木に、能舞台へと案内された百音は、能舞台の凄さに驚いていたところ。
サヤカが、森林組合の川久保(でんでん)と、
ヒバの木の伐採について話し合っているのに遭遇する。

その夜、水産高校に通う妹・未知(蒔田彩珠)が、テレビ番組で。。。。

敬称略


作、安達奈緒子さん



さすがに、第1週。。。まだ、第2回なので、

“説明”が多めですね。

とはいえ、

同時に、主人公の未来、将来のためのネタフリを、行っているようだ。


そこは、まあ、それはいいや。


ちょっと、気になったのは、アバンタイトル。

アレは、何?

きっと、過去だよね?

ラストあたりの件を考えると。

。。。。“そういうこと”なんだろうけど。


想像は出来てはいるが。

ハッキリと描くのか?曖昧にして想像に任せるのか?

ある程度は、時間をとるのだろうが。

個人的には、あまり引っ張らないでほしいなぁ。。。。

間違いなく主人公が動くための“原動力”であり、

物語の“幹”“根幹”になるだろうし。

今後に影響を与えるなら、先ず初めに、やりきってほしいものです。

じゃないと、いつまでも、モヤモヤしてしまいます(笑)




関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「おかえりモネ」 (第2回・2021/5/18) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おかえりモネ』(公式サイト) 第2回/第1週『天気予報って未来がわかる?』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 百音(清原果耶)は、サヤカ(夏木マリ)の山の樹齢300年のヒバの木の存在を知って、心を揺さぶられる。森林組合の課長の...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年05月18日(Tue) 11:49


連続テレビ小説『おかえりモネ』第2回

内容2014年5月。百音(清原果耶)は、サヤカ(夏木マリ)から、樹齢300年のヒバの木を案内される。その姿に圧倒されるだけで無く。サヤカの説明に百音は感銘を受ける。一方...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年05月18日(Tue) 07:51