fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜ドラマ『桜の塔』第3話


内容
警視正へと昇進。警務部へ異動となった上條(玉木宏)は、
吉永警務部長(光石研)から、監察官をするよう命じられる。
そして、早速、ある事件を担当して欲しい案件があると告げられる。
半月前、捜査一課が暴力団から押収した拳銃を、横流ししている可能性があると。
上條は、水樹(広末涼子)の班の中に犯人がいると推測。
押収した拳銃を、科捜研から保管庫へ持って行った
高杉(長谷川朝晴)と轟(駒木根隆介)が疑わしいと、水樹に伝える。

敬称略


脚本、武藤将吾さん

演出、片山修さん


まさか、出世させるだけで無く。異動までさせるとは!

ちょっと強引に見えるけど。

無理矢理、事件を作ったり、暗躍させたり。。。と。

“外”のことで、アレコレするよりは、納得出来る部分が多い。

例えば。主人公の目的は、警視庁の“悪”を退治することも目的なら。

内部の掃除も出来るわけだから、目的に沿っているため、

普通の刑事のように手柄を立てるよりも、

ドラマとしては、納得出来る展開だ。

違和感を感じないわけでは無いが。

“ドラマ”としては、okでしょう。

結局、今回のように、無理に悪いコトをしなくても、

“敵”を追い落とすことが出来るんだから。

初めから、このカタチにしておいた方が、良かったんじゃ?

まあ。。。それはそれで、普通すぎるんだけどね。。。。。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜の塔 (第3話・2021/4/29) 感想

テレビ朝日系・木曜ドラマ『桜の塔』(公式サイト) 第3話『同期を救え!! 裏切り者上司を暴け』の感想。 爽(広末涼子)は拳銃の横流し疑惑を調べる漣(玉木宏)から、自班の班員・高杉(長谷川朝晴)か轟(駒木根隆介)が関与した可能性を知らされ、潔白を証明するため協力することに。漣は亡父・勇仁(岡部たかし)の後輩である高級クラブのママ・志歩(高岡早紀)と情報屋の刈谷(橋本じゅん)と策を巡らす...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年04月30日(Fri) 09:30


桜の塔 第3話「同期を救え!! 裏切り者上司を暴け」

警視正に昇進した、上條漣(玉木宏)は警務部に異動。「警察の中の警察」とも言われる監察官に就任し、半月前に押収した拳銃を横流しした主犯を捜すことに漣は、押収品保管倉庫に拳銃を届けた高杉賢剛(長谷川朝晴)と、轟啓一(駒木根隆介)のどちらかが主犯とにらみ。漣は犯人を確実に逮捕するため、2人にある“わな”を仕掛けます。さらに彼は、横流し事件の裏には隠された何かがあると考え、同期の馳道忠(渡辺大知)に...
[続きを読む]

のほほん便り | 2021年04月30日(Fri) 05:36


木曜ドラマ『桜の塔』第3話

内容警視正へと昇進。警務部へ異動となった上條(玉木宏)は、吉永警務部長(光石研)から、監察官をするよう命じられる。そして、早速、ある事件を担当して欲しい案件があると告げ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年04月29日(Thu) 21:55