fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

金曜ドラマ『リコカツ』第2話


内容
離婚を決めた咲(北川景子)紘一(永山瑛太)
そんななか、紘一の父・正(酒向芳)から連絡が入る。
母・薫(宮崎美子)が離婚届を置いて、姿を消してしまったという。

一方で、咲は、仕事で、パーティーにパートナー同伴という条件が付けられる。
再び、希望の仕事に戻るため、咲は、紘一に頼み込むのだが、紘一は納得せず。
それでも説得して、紘一は納得してくれたのだが。

後日。紘一は、上官からバーベキューパーティーへ、
夫婦同伴で出席するよう命じられ。。。。ダブルブッキングに。。。

そのころ咲の母・美土里(三石琴乃)は、
父・武史(佐野史郎)の浮気の証拠を掴んだと、
咲の姉・楓(平岩紙)に伝えていた。

敬称略


脚本、泉澤陽子さん

演出、坪井敏雄さん


頭の中では、話の構成は理解している。

リコカツの主人公ふたりが、理解していなかったお互いのことを理解しつつ。

同時に、周りの“夫婦関係”を見ながら、自分たちを見つめ直す。

そういうことなのだろう。

例えば、分かりやすいところで言えば、紘一が、父に語る場面など。

シッカリとフィードバックしているしね!

まあ、結果が、どこに持っていくか?は、分かりませんが。

そういう構成なのだろう。


ラブコメ。。。というには、人それぞれの好みがあるので、

ビミョーと言えば、ビミョーだけど。

ホームドラマとしては、完成度が高い。

前回だと、それぞれのパーツを詳細に描きすぎていたので、

何を描きたいか?が、分かりづらかったが。

今回くらい、“芯”がハッキリしていると、完成度が高く感じるモノだ。

ホームドラマとしても、群像劇風ドラマとしても。

そして、結婚してから恋が始まる。。。一風変わった恋バナとしても。



あ。それでも、気になったことが一つ。

毎回。。。“救助”&“抱擁”をするのかな?

確かに、ふたりの“始まり”からして、そういうコトなのだが。

ネタとしては、悪くは無いです。

 “私たち離婚するのに”

 “まだ、君の夫だ”

。。。もう、完全に、ネタだよね。。。。(笑)


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リコカツ 第2話

離婚を決意した咲(北川景子)ですが、歩道橋で足を滑らせた自分を守ってくれた紘一(永山瑛太)の頼もしさと「まだ君の夫だから」という優しい言葉に心が揺れます。 そんな中、紘一の母・薫(宮崎美子)が離婚届を残して家を出て行ってしまいます。 咲と紘一が家に駆け付けると、紘一の父・正(酒向芳)は心配するでもなく、咲に当たり前のように夕飯の支度を要求して来ます。 咲はそんな義父の態度や、それを何と...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2021年04月24日(Sat) 10:59


リコカツ (第2話・2021/4/23) 感想

TBS系・金曜ドラマ『リコカツ』(公式サイト) 第2話『離婚の準備は偽装夫婦から』の感想。 咲(北川景子)は編集長の大崎(松永天馬)から、‘理想のパートナー’といわれる一流ブランドの吉良夫妻の連載を勝ち取るため、2人を囲むパートナー同伴のパーティーへの参加を促され、紘一(永山瑛太)に協力してほしいと頭を下げる。気が乗らない紘一だが、これも‘リコカツ’だという咲に渋々承諾。一方で紘一は...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年04月24日(Sat) 08:43


リコカツ 第2話 「夫婦でWブッキング取るのは仕事か家庭か両親もリコカツ?」

交際ゼロ日婚を果たしたものの、お互いの、あまりの不一致。速攻、離婚を決意した咲(北川景子)なれど、歩道橋で足を滑らせた自分を、身を挺して守ってくれた紘一(永山瑛太)の、頼もしさと「まだ君の夫だから」という、優しい言葉に胸キュン。心が揺れてしまいます。紘一の母、薫(宮崎美子)が、離婚届を残して、家を出て行ったり仕事でパーティに、夫婦で参加し、元カレ(朝ドラ「梅ちゃん先生」の、愛すべき変人キャラ...
[続きを読む]

のほほん便り | 2021年04月24日(Sat) 06:41


金曜ドラマ『リコカツ』第2話

内容離婚を決めた咲(北川景子)紘一(永山瑛太)そんななか、紘一の父・正(酒向芳)から連絡が入る。母・薫(宮崎美子)が離婚届を置いて、姿を消してしまったという。一方で、咲...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年04月23日(Fri) 22:52